ウェブマガジン CM Funコラム

CMからみえるテクノロジーの進化に刮目せよ!
その1 Sound of Honda-Ayrton Sena 1989

スマートフォンが世の中に出てきて早数年、いまでは多くの人が当たり前のように持っている時代になっています。また、PCのモデリングソフトで作成したデータを機械の中にある樹脂によって積み上げることによって樹脂にしてしまう3Dプリンターや撮影技術はもちろん、用途に合わせた防水仕様、様々な場所に取り付けられるなどといった機能が話題の超小型高性能Go Proなど、生活を大きく変えるであろう多くのテクノロジー、製品が話題になっています。

なんだか、技術の進歩が早すぎて、その流行に追いつけないし、
どういう仕組みで成り立っているのかもわかりません。

そこで、「CMからみえるテクノロジーの進化に刮目せよ!」と題しまして、
何回かにわたって、CMの中で活用されている技術を追って行きたいと思います。そして、そのテクノロジーはいかなるものなのか、どんな風に世の中に組み込まれていくのか、どう変わるのか、そんなことが少しでも理解、想像できたらと思います。

記念すべき第1回目に取り上げるCMは、こちら。

Honda "Sound of Honda/Ayrton Senna 1989" -- Dentsu/Tokyo

  • 広告主
    • Honda
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 198,012
HA
面白い!
好き!
感動!
この“Sound of Honda”は、カンヌ・ライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルでチタニウム&インテグレーテッド部門にてグランプリを受賞したほか、同フェスティバルで8部門15の賞、他のアワードでも数々の賞を受賞した作品。

Ayrton Sena(アイルトン・セナ)とは、今は亡き、F1界の伝説的ドライバー。その彼が、1989年のFIAフォーミュラーワン世界選手権日本グランプリにおいて鈴鹿サーキットで記録した、当時世界最速ラップを再現した映像になっています。


▷テクノロジー
その再現の背景について紹介します。
当時、ホンダが開発した車載センサーからリアルタイムでデータを収集する「テレメトリーシステム」に保存されていたアクセル開度、エンジン回転数、車速の変化といった走行データが1枚の紙として残っていました。
それをデジタルデータで復元し、解析し、マクラーレン ホンダ MP4/5の実車を用いて再現されたラップ1周分のエンジン音をもとに、セナの1周分の走行をコース上に設置したLEDライトの光で再現したものになっています。


すでに1989年に自動車のあらゆる走行データを収集することが出来ていたことに驚きですし、5.8kmという巨大な音と光の表現は今までにないくらいの規模です。

伝説のF1ドライバーの走りが、
F!の聖地であり、実際に彼が記録を生んだ鈴鹿サーキットで蘇ること、
そしてそれを実現させたテクノロジーの力に、
ロマンと感動を禁じ得ません。のロマン、それを再び見たいという熱意とテクノロジーに感動を禁じ得ません。


今では、“走行データを記録、解析し、運転に役立てる”という考えは更に進化を遂げています。自動車は世界有数のビッグデータに基づく開発が行われています。その考えのもと導入しているHondaインターナビは、搭載する全車両から集められた走行データをもとにして、人々の安全・安心なドライブを支援しています。

テクノロジーが、企業やブランド、エンターテイメントだけではなくて、一般の人々の生活にまで普及していくことは、嬉しいことですね。

自動車は、テクノロジーによってさらなる進化を遂げようとしているジャンルであり、今後もHONDAには期待が膨らみます。

Honda "Sound of Honda/Ayrton Senna 1989" -- Dentsu/Tokyo

  • 広告主
    • Honda
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 198,012
HA
面白い!
好き!
感動!
#1「本田技研工業/Sound of Honda-Ayrton Sena 1989」

?CM紹介
この“Sound of Honda”は、カンヌ・ライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルでチタニウム&インテグレーテッド部門にてグランプリを受賞したほか、同フェスティバルで8部門15の賞、他のアワードでも数々の賞を受賞した作品。

Ayrton Sena(アイルトン・セナ)とは、今は亡き、F1界の伝説的ドライバー。その彼が、1989年のFIAフォーミュラーワン世界選手権日本グランプリにおいて鈴鹿サーキットで記録した、当時世界最速ラップを再現した映像になっています。


?テクノロジー
その再現の背景について紹介します。
当時、ホンダが開発した車載センサーからリアルタイムでデータを収集する「テレメトリーシステム」に保存されていたアクセル開度、エンジン回転数、車速の変化といった走行データが1枚の紙として残っていました。
それをデジタルデータで復元し、解析し、マクラーレン ホンダ MP4/5の実車を用いて再現されたラップ1周分のエンジン音をもとに、セナの1周分の走行をコース上に設置したLEDライトの光で再現したものになっています。


すでに1989年に自動車のあらゆる走行データを収集することが出来ていたことに驚きですし、5.8kmという巨大な音と光の表現は今までにないくらいの規模です。

伝説のF1ドライバーの走りが、
F!の聖地であり、実際に彼が記録を生んだ鈴鹿サーキットで蘇ること、
そしてそれを実現させたテクノロジーの力に、
ロマンと感動を禁じ得ません。のロマン、それを再び見たいという熱意とテクノロジーに感動を禁じ得ません。


今では、“走行データを記録、解析し、運転に役立てる”という考えは更に進化を遂げています。自動車は世界有数のビッグデータに基づく開発が行われています。その考えのもと導入しているHondaインターナビは、搭載する全車両から集められた走行データをもとにして、人々の安全・安心なドライブを支援しています。

テクノロジーが、企業やブランド、エンターテイメントだけではなくて、一般の人々の生活にまで普及していくことは、嬉しいことですね。

自動車は、テクノロジーによってさらなる進化を遂げようとしているジャンルであり、今後もHONDAには期待が膨らみます。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る