ウェブマガジン CM Funコラム

【斬新な宣伝方法】宅配ピザ業界No.1「PIZZA-LA」の人気CMシリーズ「ピザブラック」が面白い!

saburo

幻の企業「ピザブラック株式会社」
多くの人が一度はその名を耳にしたことがあるだろう。しかし「都内どこかの地下」にあるといわれている本社に未だかつてたどり着いた人はおらず、人々は日々流れるCMでしかその存在を確認できない。
社長ZENIZO KURODAのピザーラへの敵対心はすさまじく、「宅配ピザ、及びピザーラ打倒に関する全て」という驚愕の業務内容を公式HPに堂々と載せている。
そんな彼らの活動は今までのCMから見ることができる。斬新なアイデアと、和気あいあいの社員たち、そしてなによりピザーラへの敵対心を武器に彼らは今日も頑張っている!!!

ピザーラVSピザブラック「生地」篇 30秒

  • 広告主
    • ピザーラ
  • サービス
    • ピザーラ
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
ピザーラVSピザブラック「生地」篇 30秒

「パンの耳からピザの生地を作る」という仰天の発想!たしかにこれなら原価はほとんどゼロだ…。
ただ混ぜるだけで生地ができるかは少し疑問だが、ボロ儲け間違いなしの素晴らしい仕組みである。


一方、ライバル「PIZZA-LA」ではなんと「軽井沢のパンの名店”浅野屋”が特別につくっている生地を、注文を受けてから各店舗で伸ばして焼いている!」とのこと。(公式HPより)
なんという非効率の極み。これではボロ儲けできるわけがない!
そう馬鹿にするピザブラック社長・ZENIZO KURODAだが、なぜか消費者は「PIZZA-LA」を選ぶのであった。

  • 広告主
    • ピザーラ
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ピザーラVSピザブラック「アボカド」篇 30秒

「アボカドの写真を使って、アボカト風とネーミングする」というこれまた業界の常識を打ち破るようなアイデア!
たしかに、ピザの一番上にアボカドの写真を載せておけばそれはまるでアボカドがトッピングされているかのように映る。

もう一つ、驚くべきことが「社員に包丁を持たせない」ということ。社員が包丁を振り回したら危ない、それに調理の経験も知識もいらなくしたいとの社長の思いによるものだ。たしかにこれで社員の安全は保証され、不安も解消されるだろう。


一方、ライバル「PIZZA-LA」では業者から既にカットされたものを仕入れるのではなく、アボカドやトマトなどフレッシュな素材を包丁で切って仕込んでいるという。なんという手間暇のかかる作業をしているのだろうか。それだけやれば儲からないけど、美味しいものができるに違いない。そして消費者は「PIZZA-LA」を選んでいくのであった。

ピザーラ CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ピザーラVSピザブラック「みみだけ」篇 30秒

「下にピザの具の写真を貼っておいて、その上に耳だけのっければ、それはピザ」というピザの概念をぶちやぶるようなアイデアが出てきたぞ。従来のピザ1枚分の生地でなんと耳5枚分は作れるというからこれは大幅なコスト削減に役立つ画期的なアイデアだ!

一方、ライバル「PIZZA-LA」は「耳」にまで手の込んだことをし出したようだ。ピザブラックの新入社員によると、彼らは左のみみにクリームチーズ、右のみみに粗挽きソーセージを入れた『2つのみみのピザ』を出したらしい!もうどんなにコストがかかっているかわからない。しかし消費者にはどうも人気があるようだ、みんな「PIZZA-LA」を買っていく…。

ピザーラ CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ピザーラVSピザブラック「グー沢山」篇 30秒

「具沢山じゃなくて。グー沢山。おんなじさ」というもはやトンチ!トンチ勝負では社長・ZENIZO KURODAの右に出るものがいないのではないか!拳法の達人に特別に作らせたこのピザは業界に新しい風を吹き込むだろう。


一方、ライバル「PIZZA-LA」は「具沢山10種ピザ」を発売しているらしい。高級なマスカルポーネチーズを始め様々な具がてんこ盛り。ミート系のうまみと、野菜系の美味しさが絶妙にマッチしているとのこと。これはさすがに美味しそうだ…しかしこれでは手間もコストもかかってしまう。これでは儲からない!いくら人々が「PIZZA-LA」の方を選ぼうとも!

  • 広告主
    • ピザーラ
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ピザーラVSピザブラック「サーモン」篇 30秒

もはやピザではない。ついにピザブラックは「木彫りサーモン&クマ」を発売。食べられない、しかしこれは玄関に飾られるという大きな魅力を持っている。しかもすべて手作りという一品だ。(なぜピザ社員が作れるのかは謎だ)

一方、ライバル「PIZZA-LA」は完成まで28年かけたという自慢の一品をだしてきた。それが「天然サーモンとクリームチーズのピザ」である。ピザブラックは木彫りでもこっちは食べられる天然サーモン。食べる直前にピザに載せることで美味しさを最大限に引き出すことができたという。これは美味しいに決まっている!…みんなまた「PIZZA-LA」を選ぶのだろうか。

ピザーラ CM

HA
面白い!
好き!
感動!
ブラッキーファミリー 篇

ついに忠実な部下「ピザブラッキー」までもが裏切ってしまった、社長から渡されたお金でライバル「PIZZA-LA」のピザを買ってしまったのだ。このさきどうなるのか「ピザブラック」!彼らの戦いはこれからも続く…!









以上がピザブラックの活動内容である。「ピザブラック株式会社」の奇想天外なアイデアに驚いた人も多かったのではないだろうか?
ちなみにライバル「PIZZA-LA」のピザは「見た目は同じでも、圧倒的に味を優先している」ということが大きな特徴。
なにせ社長はこの事業を始める前に2年に渡り全国のピザを食べ歩いて勉強をしたという。
現在宅配ピザ業界トップの「PIZZA-LA」ではあるが、続く「ドミノピザ」や「ピザハット」からの追い上げ、そして500円以下の激安ピザの出現、外食やコンビニ大手の参入など懸念要素は数多くある。
そんな「PIZZA-LA」が危機感を感じて、こういった「製品価値の追求」を遠まわしに訴求するCMを打ち出してきたと考えてもおかしくはない。
これからの「PIZZA-LA」の動きに注目である、当然「ピザブラック」の動きにも目を光らせておいて欲しい!

執筆者:

saburo

( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。 そんな某国立大学に通うインターン生。 何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。 瞬く間にCMジャンキーに。 プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。 国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る