ウェブマガジン CM Funコラム

【特集】NetflixやAmazon参入で”動画配信サービス”の競争が激化!

saburo

いたるところで話題になっている「Netflix」がついに日本でサービスを開始しました。
それに伴いAmazonも9月中に動画見放題サービス「Amazonプライム・ビデオ」を開始することを公表しました。
日本に既にいる「Hulu」や「dTV」等との競争が激しくなることは必至!
今熱い”動画配信サービス”のプレーヤーたちについてまとめてみました。

2015.9.2 Netflix 日本に向けて出撃! (詳細)

  • 広告主
    • Netflix
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 20,019
HA
面白い!
好き!
感動!
2015.9.2 Netflix 日本に向けて出撃!


まずは今日本を騒がせている「Netflix」
世界最大のビデオ定額配信サービスとして満を持して日本に上陸してきました。
基本的にここの特徴は「テクノロジー」と「使い勝手のよさ」と「オリジナルコンテンツ」。



「テクノロジー」とは4KやHDRを指しているのだそうで、どこよりも4Kコンテンツを多く持っており、かつこれからのオリジナルコンテンツは原則4Kで作成していくとのこと。

「使い勝手の良さ」はレコメンド機能のこと。視聴履歴などを参考にして見る人に最適な作品を紹介する機能ですが、Netflixのレコメンドの精度は非常に良いことで有名です。

「オリジナルコンテンツ」に関しては、例えば予算は設定せずに映画製作者に任せるとのこと。また今まで蓄積したビッグデータから視聴者の求めるコンテンツを見つけ出していくノウハウも強みの一つです。日本では大人気「テラスハウス」の続編や又吉さん執筆の「火花」の映像化などが話題となっていますね。


料金としては、解像度によって変動し、スタンダードプランは月額950円~。(ベーシックタイプは月額650円~)

HuluテレビCM「フールーとヒーロー」 60秒 (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!
HuluテレビCM「フールーとヒーロー」


「Hulu」はアメリカ発で、定額制オンライン動画配信サービスの先駆け的存在です。
日本では2011年からサービスを開始していて、海外ドラマが強力というのが魅力の一つ。

ただ残念ながらアメリカ発であるために、日本語への対応がまだ不十分との声も。またドラマに比べて映画のコンテンツが満足できないという人も多くいるのも事実。当初に比べ日本語対応のものは増えてきてはいるそうだが、まだまだニーズを完璧に満たすところまでは行っていないみたいですね。

ただ月額933円~で10000作以上が見放題。
専用のアプリもサクサク動き、かつプレステ等にも対応とかゆいところに手が届いている感はありますね!
日本テレビの参加にも入り会員数は既に100万人を超えています。

  • 広告主
    • BeeTV
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
dTV CM「進撃の巨人」篇

NTTドコモが運営するサービス。これも定額で動画が見放題です。


本来はNTTドコモユーザーだけのクローズドサービスだったんですが、改正されて今では誰もが使えるようになりました。
また前身のサービスは「dビデオ」で、スマホやタブレット向けの映像配信が行っていたのですがどうしても利用者数は頭打ちになってしまっていました。
そこで利用者のリサーチをすると、使用している時間帯は平日夜間や休日の昼間にケータイで見られていたことが判明。
それなら「次の重要なデバイスはテレビだよね」となり「dTV」にリブランディングされたということです!


会員数は450万人を突破しておりダントツの首位。
月額500円で12万本以上の動画が見放題となればそれは人気になりますよね。(最新作はレンタル)
この圧倒的な牙城をNetflixなどは崩せるのでしょうか。

au TVCM │ ビデオパス「月との交信」篇 30秒 (詳細)

  • 広告主
    • KDDI
  • サービス
    • ビデオパス
  • ビュアー
    • 861,984
HA
面白い!
好き!
感動!

デオパス「月との交信」篇

こちらは「au」が提供する動画配信サービス。
最近の動きとしてはテレ朝と提携してオリジナルコンテンツの制作にあたり出しました。
KDDIが所有するビッグデータとテレ朝の企画力でどれだけ魅力的な作品が作れるかがキモとなってきそうですね。


ただdTVとは違ってこっちはau契約者専用サービスとなっています。
月額562円で15000本以上が見放題…う、うむ、dTVのほうがいいような気がします。しかし会員数が100万を超えており侮れません。

【楽天ShowTime】動画を見るなら楽天ショウタイム! (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 楽天市場
  • ビュアー
    • 298,761
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
【楽天ShowTime】動画を見るなら楽天ショウタイム!


ここからは少しカンタンに。
楽天が提供しており、今年から会員登録が無料化。
しかし「見放題サービス」は別途有料となっておりいまいちオトク感はなし…。
これからの改良に期待です。

つぎつぎ選べるFOD~恋愛編~ フジテレビ オンデマンド

  • 広告主
  • サービス
  • ビュアー
    • 1,807
HA
面白い!
好き!
感動!
つぎつぎ選べるFOD~恋愛編~ フジテレビ オンデマンド


フジテレビが提供。
見放題コースがいくつか用意されており、スタンダードなものは「FOD月額見放題パスポート」で月額1000円。
フジテレビで放送中のバラエティやドラマなどが毎月10作程度更新され続けていきます。
こちらもこれといった強みは…なさそうな気がしますが…どうなんでしょう。

テレビ東京系列局 テレビ東京ビジネスオンデマンド 相内アナ 電車編 15秒 CM (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • ビジネスオンデマンド
  • ビュアー
    • 11,879
HA
面白い!
好き!
感動!
テレビ東京ビジネスオンデマンド 相内アナ 電車編


テレビ東京が提供。ビジネスマン向けで経済コンテンツに絞って提供されています。
例えば、WBC、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿などが月額500円で楽しめます。
これはターゲティングがしっかりしているので独特の強みがありそうです。

Introducing Amazon Prime Instant Video (詳細)

  • 広告主
    • Amazon
  • サービス
    • Amazon Video
  • ビュアー
    • 1,268,677
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
Introducing Amazon Prime Instant Video


さて最後に登場するのは日本上陸間近の「Amazonプライムビデオ」
これはAmazonプライム会員限定のサービスで、最近プライム会員への優遇を熱くしてきたAmazonの次なる1手と見られています。アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツでは既に提供が開始されており公表とのこと。
これが直接原因かどうかは不明ですが、2014年のAmazonプライム会員数は前年比+53%と急速に伸びているそうです。


さらに驚くべきはその価格です。なんと…無料!
といってもプライム会員料はかかるのですが、それでも太っ腹です。
そもそもプライム会員になればこの動画配信サービスだけでなく、本来のAmazonでの買い物での様々な優遇措置が受けられます。ということはAmazonのヘビーユーザーはほぼ間違いなくこのサービスにはまる…?恐るべしAmazonですね。


コンテンツにもすでに多額の投資をしているそうで、日本上陸後も日本にしっかりと対応したコンテンツが出せるのであればヒットすると思います。











「Netflix」が”黒船”などと揶揄されて、一気に日本の動画配信サービス市場が注目を浴びるようになってきました。
そこに加えて「Amazonプライムビデオ」の日本でのサービスが公表されて拍車を掛けています。
既存のトッププレーヤー「dTV」もこのまま安泰というふうにはいかないでしょう、さて彼らの次の1手は?ご注目ください。

執筆者:

saburo

( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。 そんな某国立大学に通うインターン生。 何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。 瞬く間にCMジャンキーに。 プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。 国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る