ウェブマガジン CM Funコラム

【特集】スポーツドリンク国内市場のトップ3を発表!

saburo

スポーツドリンクって皆さん飲みますか?
かつては「スポーツ中に水分なんて取らない、それを乗り越えてこそ強いのだ」という根性論がスポーツ業界には蔓延っていました。しかし現代スポーツ医学が発達していくにつれて、水分と塩分を取ることの大切さが非常に重要ということが判明して「スポーツドリンク」というものが生まれました。
現在日本でのスポーツドリンク市場は非常に寡占状態ですが、そもそも日本で初めて作ったのはどこ?それぞれのポジショニングは?といった疑問に答えられたらなと思っております。


(シェアデータは日刊経済通信社の2013年ものを使っております)


スポーツドリンク国内市場全体としてはここ5年ほどは縮小傾向になっています。
いわゆる記録的猛暑の年の売り上げは非常にいいですが、猛暑の翌年や落ち着いた夏だとあまり売上が振るわないという傾向があります。
前述したとおり、スポーツ現場や労働現場のニーズとして生まれたスポーツドリンクですが現在では、熱中症対策のみならず普段の水分補給でのニーズにも対応しようと様々なタイプの商品が登場してきています。
さてそれでは国内トップ3と海外プレーヤーをご紹介します!

コカ・コーラ アクエリアス CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
【アクエリアス】TVCM「夏の渇き」篇 15秒 AQUARIUS TVCF

スポーツドリンク国内市場の栄えある1位は…コカコーラの「アクエリアス」!
なんと市場シェア51.4%を獲得しており、圧倒的な首位をキープしています。1983年に、当時売れていたポカリスエットに対抗する形で、コカコーラが販売し始めました。


そもそも宿敵・ポカリスエットよりも後発で、しかもポカリが高いシェアを誇っていた80年代90年代を乗り越えてどうしてここまで圧倒的な地位を確立できたのでしょうか。そしてポカリとの一番大きな違いは何でしょうか?
それは次のポカリの項でご説明します。


商品としてはカロリーを気にする中年層をターゲットにして「アクエリアス ゼロ」が2012年に発売されています。





大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター CM

HA
面白い!
好き!
感動!
ポカリスエット イオンウォーターCM|「負けない」篇 15秒

さて2位は大塚製薬の「ポカリスエット」です!22.9%のシェアを獲得しており、アクエリアスの永遠のライバルです。


さてこのポカリスエット、実は日本で最初に開発されたスポーツドリンクです。ソフトドリンクや甘い飲料が多い中で、より水分補給に特化した飲料水を開発しようとしたのが始まりとのこと。80年代かつ90年代には宿敵アクエリアスよりもシェアを高く持っていたのですが、2000年代に入ってシェアが逆転しました。なぜこのようなことが起こったのでしょうか?


大きな違いが「飲むシチュエーション」です。
スポーツドリンクを飲むときって歴史的には運動時ですよね、先ほどのアクエリアス含め多くの商品がそういった場合への遡及をしています。
しかしポカリスエットではより広く「日常的なシーン」で飲まれることを想定しています。
これはCMにも明確に表れていますよね。アクエリアスのCMでは出演者は運動して汗をかいていますが、ポカリスエットではほとんど運動していません。(しかし発汗状態にはあるかと思われます。)
より広い消費者を取り込もうと、幅広い場面での活用を遡及していますが多くの消費者が「スポーツドリンク=運動時の飲み物」といった印象を抱いており、まずはポカリスエットがそういった印象から脱せなければここのシェアは取れないような気がしています。


GREEN DA・KA・RA『サッカー』篇 15秒 しずくちゃん サントリー CM (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • GREEN DA・KA・RA
  • ビュアー
    • 23,867
HA
面白い!
好き!
感動!
GREEN DA・KA・RA『サッカー』篇 15秒 しずくちゃん サントリー CM

3位は新世代のルーキー「DAKARA」です!2000年より発売されて現在では15.0%のシェアを獲得しています。


「DAKARA」はポカリスエット、アクエリアスという2強が君臨する中に乗り込んでいった猛者です。
前述した通り、ポカリスエットは「日常生活」、アクエリアスは「運動時」、こういった中でダカラはどういったポジションではいっていったのでしょうか?
答えは「不足栄養分を補給」というものです。不足しがちなカルシウムやマグネシウム、食物繊維などを補給しますということです。ちなみに派生商品の「GREEN DA・KA・RA」は「汗で奪われるものを補給」というコンセプトです。なので水分やイオンが補給されます。




以上がスポーツドリンク国内市場トップ3です!
もともとは「ポカリスエット」の帝国だったのが、20年弱をかけて「アクエリアス」が圧倒的な首位に。
そこに見事なポジショニングで参入を果たし、CMなどで高い知名度を誇る「DAKARA」。
この3社で国内市場のおよそ9割を占める傾向がここ10年ほど続いています。
この均衡が崩れる時があるのか?また新しいプレーヤーが現れるのか?これからも注目してみてください。
今度は外国プレーヤーのご紹介もしますね。

執筆者:

saburo

( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。 そんな某国立大学に通うインターン生。 何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。 瞬く間にCMジャンキーに。 プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。 国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る