ウェブマガジン CM Funコラム

保険会社の社員にとって1番大切な瞬間とは…・住友生命「Small Story Film」②

ビスコチ

「Small Story Film」は、住友生命が実話をもとに再現した社員とお客様の物語です。今回は、人々の人生に寄り添う仕事である保険会社の社員にとって、”1番大切な瞬間”を語る映像となっています。たくさんの別れや出会いに対面する保険会社だからこその言葉に、重み、誇りを感じることがで来ます。

Episode 2「私にとって大切な瞬間」/ Small Story Film

  • 広告主
    • 住友生命
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
Episode 2「私にとって大切な瞬間」篇

「仕事をしていて1番つらいときは、お世話になったお客様が亡くなって、そのお顔を拝見したとき。」
「仕事を1番誇りに思うときは、お客様の一生を見守り、残されたご家族に、きちんと保険金を預けたとき。」
「2つとも、私にとって1番大切なときです。」

つらいときと誇りに思うときは、ほとんど同時に保険会社の人には訪れるんですね。出会いや別れが続いていく”家族”という1つの共同体の中で、確かな意志や支えをサポートする保険会社ならではの瞬間です。

執筆者:

ビスコチ

2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る