ウェブマガジン CM Funコラム

コンビニCMの飯テロ率は異常。

あゆみ

私が子供の頃、お正月は誰にとってもスリリングでした。
なぜなら「店がぜーんぶ閉まってる」から。

台所を預かる母たちはだから、大みそかまでに
たくさんのごはんをつくり、
食材を買い込んでおかなくちゃいけなかった。

だけど今はそう焦ることはない。
だってコンビニがあるんだから。

今の若者には想像もつかないでしょうが、
コンビニが自分の街にできた時の驚きといったらなかったです。
「こんな早くから遅くまで(当時は文字通り朝7時から夜11時まで
だったからね…)やってるなんて!」と。

そして24時間、365日営業になり、
いまやどんな街にも、何かしらのコンビニがあったりする。
いやあ、よく考えたらすごいことです。


だからコンビニといえば昔は
セブンイレブンの「開いててよかった!」のコピーが示す通り、
「とにかくいざという時、便利ですよ!」
という武器を売りにしたCMばかりでした。


でも今やコンビニはあって当たり前。
さまざまなサービスが付加されていく上に、
おでん、レジ横の揚げ物、コーヒー、ドーナツ…。
いったい何屋だ!?と思うほど、
「そこで調理して販売する食べ物」が増えていってます。

そんな中、最近のコンビニCMは何をやっているのか。

それはもう「うちのコレはこんなに美味しくなった!」
をひたすらやっているのです。

セブン-イレブン サンドイッチシリーズ CM

HA
面白い!
好き!
感動!


セブンイレブンは、「美味しさブランディング」CMに本腰を入れた先駆け。
以前やっていたお弁当も、プライベートブランドのお惣菜も、
「片手間にかっこむ」ものではなく、おうちで、みんなで
食卓を囲んで食べるものとしてアピールしていました。
軽食であるサンドイッチであっても、すごく美味そうです…。

ファミリーマート ファミマのラーメン CM

HA
面白い!
好き!
感動!


ファミマではこれが衝撃的でした。
コンビニで買うラーメンなのに(すいません)、
なんかものすごい美味しそうだよ…!
汗をかきかき啜っている姿がたまりません。

40周年記念商品第二弾

  • 広告主
    • Lawson
  • サービス
    • 40周年記念商品
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!


そしてローソン。「美味しさブランディング」CMとしては
後発かもしれませんが、コピー通り本気出してきた!
むしゃむしゃほおばる柳葉さんのせいで、とにかくこっちもヨダレ。


もはや「便利」「スピード」だけじゃ誰も満足しない。
「おいしさ」「こだわり」「ていねい」が、
コンビニエンスなストアにも、求められているとは。

最近では、食品やファミレスのCMより、
コンビニのCMのほうが「夜中の飯テロ」度高いですもんね。


コンビニの「こだわりのごはんや」化、お客としては楽しみです。


(執筆者:近藤あゆみ)

執筆者:

あゆみ

博報堂コピーライターからなぜかダンサーに転身。その後 (株)ネットプライス創業時からライター&クリエイティブディ レクターとしてEコマ―スに携わる。日本初の共同購入「ギャ ザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。 「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを15年以上 書き続け、一部にコアなファンを持つ。現在はフリーでライ ティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る