ウェブマガジン CM Funコラム

【意外とあるある!?】ある男性の悩みをネタにした「ラ王」のCMが面白い!

「ラ王」は、1992年から発売されている日清食品のインスタントラーメンシリーズで、一般的なインスタントラーメンが乾燥麺を使用しているのに対して、レトルト方式の生麺を使用しています。出来上がりまでの速さや簡単さをアピールする傾向にあるインスタントラーメン市場において、「高品質で美味しい」という特徴を早い時期からアピールしていて、他の製品との差別化を図ってきました。
その「ラ王」は、「高品質で美味しい」という点をアピールするために、西島秀俊が出演している「食べたい男」のCMシリーズで、「あること」に悩んでいる男を主人公にした面白いCMを放送しています。

  • 広告主
    • 日清食品
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
「食べたい男」篇
旦那役である西島俊秀が、「明日のお昼はラ王がいいな」と奥さんに緊張しながら伝えようとしています。「君の料理は大好きなんだけど・・・」と付け加えるかを迷っていることから、奥さんのお手製料理と同じくらい「ラ王」が美味しいということを伝えようとしています。

  • 広告主
    • 日清食品
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
「食べたい男 2」篇
奥さんに「ラ王が食べたい」となかなか言い出せない西島俊秀が、なんと今度は自分の子供に、そのセリフを言わせようとしている。西島俊秀が必死すぎて、子供も呆れている様子・・・

  • 広告主
    • 日清食品
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
「食べたい男 3」篇
子供から呆れられた西島俊秀が、奥さんのお父さんと「休日もラ王が食べたい」と意気投合し、お父さんからの説得をお願いするのだが・・・

  • 広告主
    • 日清食品
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
「食べたい男 4」篇
「休日にラ王を食べたい」という願望を持った西島俊秀と、その奥さんの父親。お父さんの分析によると、奥さんは「ラ王を食卓に出すとサボっていることになる」と思い込んでいるらしい。それに対する西島俊秀の意見が、「ラ王」が好きすぎて笑える内容になっています。

たしかに無性にインスタントラーメンが食べたくなる時は、どうしてもありますよね。しかしお母さんや奥さんに「インスタントラーメンが食べたい」と伝えると(手料理が気に入らないのかな・・・)と思われてしまいそうで、なかなかうまく伝えられないですよね。
そんな悩みを解決するために、「ラ王」は、手料理と同じくらいのクオリティで、休日に食卓に出しても手抜きや失礼ではない、むしろ「ごちそう」だということをアピールしています。この「食べたい男」シリーズは、発売当時から高品質で美味しいことをアピールしてきた「ラ王」ブランドだからこそ出来る、インスタントラーメン界では画期的な面白いCMだと思います。

  • 広告主
    • 日清食品
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
「食べたい男」篇
旦那役である西島俊秀が、「明日のお昼はラ王がいいな」と奥さんに緊張しながら伝えようとしています。「君の料理は大好きなんだけど・・・」と付け加えるかを迷っていることから、奥さんのお手製料理と同じくらい「ラ王」が美味しいということを伝えようとしています。

  • 広告主
    • 日清食品
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
「食べたい男 2」篇
奥さんに「ラ王が食べたい」となかなか言い出せない西島俊秀が、なんと今度は自分の子供に、そのセリフを言わせようとしている。西島俊秀が必死すぎて、子供も呆れている様子・・・

  • 広告主
    • 日清食品
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
「食べたい男 3」篇
子供から呆れられた西島俊秀が、奥さんのお父さんと「休日もラ王が食べたい」と意気投合し、お父さんからの説得をお願いするのだが・・・

  • 広告主
    • 日清食品
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
「食べたい男 4」篇
「休日にラ王を食べたい」という願望を持った西島俊秀と、その奥さんの父親。お父さんの分析によると、奥さんは「ラ王を食卓に出すとサボっていることになる」と思い込んでいるらしい。それに対する西島俊秀の意見が、「ラ王」が好きすぎて笑える内容になっています。

たしかに無性にインスタントラーメンが食べたくなる時は、どうしてもありますよね。しかしお母さんや奥さんに「インスタントラーメンが食べたい」と伝えると(手料理が気に入らないのかな・・・)と思われてしまいそうで、なかなかうまく伝えられないですよね。
そんな悩みを解決するために、「ラ王」は、手料理と同じくらいのクオリティで、休日に食卓に出しても手抜きや失礼ではない、むしろ「ごちそう」だということをアピールしています。この「食べたい男」シリーズは、発売当時から高品質で美味しいことをアピールしてきた「ラ王」ブランドだからこそ出来る、インスタントラーメン界では画期的な面白いCMだと思います。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る