ウェブマガジン CM Funコラム

広瀬すずの“運動神経”について踏み込んでみる。

ビスコチ

「広瀬すずって、運動神経いい…!?」


先日、「第39回日本アカデミー賞」が発表され、優秀作品賞、優秀主演女優賞、優秀助演女優賞など最多12部門を受賞した是枝裕和監督の『海街diary』。鎌倉の街を舞台に、腹違いの4姉妹が一つ屋根の下で生活を共にする物語。情景の美しさや豪華キャスト陣など、素晴らしいポイントがたくさんある中で、個人的に印象に残ったのが、

「広瀬すずさんの運動神経の良さ」

です。

映画内では、地元の学校のサッカースクールに通うことになる広瀬さん。その試合シーンで、広瀬さんのプレーを観ることが出来ますが、ドリブルの“キレ”がよく、素直に見入ってしまいました。編集の手が入っているとしても、あの“キレ”は持ち前の運動神経ゆえのものではないでしょうか。


広瀬さんは、現在の仕事を始めるまでは、かなりのスポーツ少女だったそうです。

全国大会を本気で目指すくらいのチームでバスケットボールに打ち込んでいたとのこと。
ゲスト出演した日本テレビ『おしゃれイズム』では、見事なフリースローも披露しました。中学生のときの公式試合のシーンを、テレビ番組の紹介VTRで観たことがある方もいるかもしれません。


CMでも、広瀬さんのサッカーシーンを観ることが出来ます。
運動神経の高さの片鱗を垣間みてみてください。



東京ガス マイ電気 バーバースガ 自由化ショット 篇 60秒 CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「東京ガス バーバースガ/自由化ショット」篇


ドリブルシーンは少ないものの、しっかりとアウトサイドを使って、細かくボールタッチをするところに、滲み出る運動神経の良さ。

また、その後のボレーシーンでは、CGではあるものの、その“体勢”に注目。なかなか、あのような立派なボレーの体勢を取ることはできません。サッカーについては初心者であることを考えると、やはり基礎的な運動神経が高いからこそ、他競技の体勢やコツも素早く身に付くのでしょう。



次は、走るシーンです。


【土屋太鳳・松井愛莉・広瀬すず出演】ロッテ ガーナ CM 母の日篇30秒 #290 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
体がぶれることなく、確実に、そして力強く、地面を「蹴れている」ことに気がつくでしょう。



モノを抱えている分、腕は自由に振ることが出来ません。
そして、決して動きやすいとは言えない服装。

それも、階段で、です。そんな好条件ではない中でも、このスピード感と体のブレない強さ。時間こそ短いですが、ここに何かポテンシャルを感じやしませんか…?


「運動服になり、腕が自由になり、全力で走っていい」
という環境になったとき、ものすごいスピードで疾走していく絵が簡単に思い浮かんできやしませんか…?



さあ、さらにニッチな部分に切り込んでいきます。

今度は、「広瀬すずの拳」です。

アイスクラッシュWEB限定CM (詳細)

  • 広告主
    • マイティア
  • サービス
    • アイスクラッシュ
  • ビュアー
    • 2,239,066
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「マイティア/アイスクラッシュWEB限定」篇


ここで注目すべきは、“割る瞬間”よりも、その“前後”。

まず「重心移動」。
筆者は、高校生のときにアメリカンフットボールに打ち込んでいたこともあり、重心移動の大切さは痛いほど学びました。そのこともあって、どうしても重心移動に着目して、スポーツを観てしまいます。

この映像中、広瀬さんは、構えの姿勢から割る瞬間までの重心移動を、そつなくこなしています。

この重心移動、意外と難しいのです。簡単そうに見えて、難しい。

そして、かなり重要な要素でもあります。人に体当たりするにも、パンチをするにも、ボールを蹴るにも、重心が後ろに残ったままだと、十分に動作に伴わないと威力が落ちてしまう…。だけれど、しっかりと重心移動が伴うと、体重をのせて動作を遂行出来るため、威力を落とさず伝えることが出来ます。


そこを意識してみると、広瀬さんのパンチは、強そうに感じます。受けてみると、見た目以上のパワーを伝えてくるのでしょう。


そして、「構え」。
これは重心移動がしっかり出来ている賜物であるが、パンチの構え、そして拳を引くときのポーズ。

お見事です。型の美しさもよい運動神経だからこそです。



可愛らしいルックスとのギャップ、
これも広瀬すずさんの絶大な人気の要因なのでしょうね。


「大塚製薬 MATCH」のCMでは全力ダッシュ。
「LINE PLAY」や「ロッテ Fit's」では、踊り。
「資生堂 SEA BREEZE」では、テニス。

などなど、よく考えてみると、広瀬さん出演のCMには、スポーツや運動と絡めたものが非常に多い。ここまで多いのは珍しいのではないでしょうか?


そのことからも、広瀬さんの爽やかさと無邪気さ、
そして、運動神経のよさを作り手が感じている何よりの証拠です。



執筆者:

ビスコチ

2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る