ウェブマガジン CM Funコラム

相撲と、お茶漬けと、KFCと。

岡田直也

子どものころから親しんできた「相撲」をネタに書きたい、と思い、
いろいろ動画を探していたところ、こんなものが見つかりました。

恋するフォーチュンクッキー永谷園ver. (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 379,449
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!

これ、永谷園の企業広告として、とてもよくできています。
お茶の間にいちばん近い広告主らしい作りで、とても好感がもてました。
ちょっとした発見、の気分です。

しかしこのKFC(ケンタッキー・フライドチキンにあらず。
「恋するフォーチュンクッキー」のことです)、日本全国で、
いろんなバージョンが生まれたことは、想像に難くありません。
ぼくが所属する「エンジン01文化戦略会議」でも一昨年、
「オープンカレッジin甲府」のとき、
林真理子さんをセンターに、動画をつくったもんでした。

さて、もともと「相撲ネタ」として選んだこの作品、
アタマとシメに登場するのが、元高見盛(現・振分親方)。
味噌汁のCMなどでも独特のキャラで、いい味出してます。
そうそう、「ふりかけ親方!」っていうCMがありましたよね。
あれ、現役引退後の年寄名が、「振分」だから。
相撲を知らない人には、ちょっとわからない設定です。
もっとも、大相撲に造形の深い永谷園は、
相撲ファンに向いたスタンスをとってCMをつくる、
ということもあるやも知れず。
よしとしても、いいのではないでしょうか。

永谷園のもう一人の顔は、遠藤関です。が、大阪場所は十両に陥落。
一気の出世間違いなしと契約したであろう、
おやつカンパニーの逸ノ城関も、大きく番付を下げてしまいます。
ケガなどがあるので、現役力士の起用は難しいんですね。


その点、この人は、不動です。

霧島酒造 本格焼酎 白霧島 本音篇 「電話」 15秒 CM (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!
(本格焼酎 白霧島 本音篇 「電話」)

霧島酒造 本格焼酎 白霧島「投げ」篇(東京) 15秒 CM (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!

昨年、所用で宮崎空港に降り立ったとき、まず出迎えてくれたのは、
白鵬+白霧島の大きなボードでした。
白鵬といえば、住友林業をすぐに思い起こしますが、
エリア広告で、この大横綱を起用しているのには、ちょっとビックリ。
でも、彼の存在感は、やはり別格です。

最近は、すっかり相撲人気が復活したといわれます。
連日の満員御礼で、たしかに賑わいは見せています。
でも一ファンとして、協会に望むことはたくさん。
国技というなら、博物館に行けばいいし、
競技であれば、体重制限など設けるべき。
あ、これは極端な議論ですよ。
でも、人気が戻ったからといって、安閑とはしていられないはず。

・・・おっと、話が違うほうに行ってしまった。
すぐに筆が滑ってしまうもんで・・・。

(編集長 岡田直也 執筆)

執筆者:

岡田直也

CMは、世の中の動きとまさに連動しています。イケイケの時は 勢いがいいし、沈滞してるときはどこか内省的になったりする。 そういう意味でCM観察とは、立派な社会学・考現学といえます。 それとは対極の「神はディテールに宿り給う」。これもまた事実。 些細な演出の妙など、作り手の意志が際立つ場合も、あるのです。 そう、CMの観かたは、大所高所から重箱の隅にいたるまで無限。 ぼくらがそれを、いろんな角度から提示できれば、と思ってます。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る