ウェブマガジン CM Funコラム

トイレ先進国日本の
トイレCMから世界を覗く。

山本貴代

かつて、トイレといえば、臭い場所。ジメジメした場所。暗い場所でした。
しかし、いつのまにか、トイレは変わりました。深呼吸できる場所、いい香りのする場所
、考え事をする場所。時には花まで活けてある。早く出たい場所から、ゆっくりいたい場
所へ。日本での話です。

家のトイレだけではなく、最近では、公共トイレの変貌振りにも驚かされます。
インターチェンジのトイレは、アロマ漂います。空港のトイレはきれいなうえに広くて住
めそうです。居酒屋のトイレはお香が漂い、いろんな情報も貼ってありついつい読みふけることも。
先日コンビニのトイレに期待しないで入ったら、落ち着いた雰囲気に感動しました。

トイレの清潔さは、日本が世界一ではないかと、いつも思います。
私は仕事柄、アジアをよく旅します。これまでも、様々な国で実にいろんなトイレを使わ
せてもらってきました。衝撃的過ぎていちいち鮮明に覚えていますが、
用を足す私の目の前に柵に入ったブタがいたトイレ (汚物を食べていたのかも)、
長い一本の溝にまたがるタイプのトイレ。これは前後にある敷居が妙に低くて戸惑いまし
た。ある国では、畑のど真ん中のコンクリート平面がトイレと言われたときには戸惑いま
した。四方は(だいたい)囲まれているけれど、屋根はない。コンクリートの平面には穴も
ない。用を足したら自然乾燥を待つタイプでした。

とにかく、日本のトイレ事情は神レベルです。そして進化しています。
これをみてください。

TOTO CM 「ネオレスト」60秒CM (詳細)

  • 広告主
    • Toto
  • サービス
    • ネオレスト
  • ビュアー
    • 1,646,290
HA
面白い!
好き!
感動!

立派な輪ジミになりたかったリトルベンの夢は、日本のトイレでは叶いそうにありません。

トイレのファブリーズ「トイレ問題」30秒 (詳細)

  • 広告主
    • P&G
  • サービス
    • トイレのファブリーズ
  • ビュアー
    • 15,909
HA
面白い!
好き!
感動!

便座だけではなく、消臭剤も進化しています。
いろんな方向からみて、日本のトイレは最高だと私は思うのです。

Special Movie ~世界中のトイレをめぐるトイレットン~ in モナコ (詳細)

  • 広告主
    • 王子製紙
  • サービス
    • ネピア
  • ビュアー
    • 22,631
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!

こちら、世界のトイレシリーズご覧ください。

豚さんシリーズは、モナコのほかにパリとウィーンがありました。ヨーロッパのトイレ
はオシャレですが、機能面からいえば、日本の右に出るものはいない。



Sanitation In Schools Improved! (SISI 2018) -トイレがもたらす奇跡(ケニア篇)- (詳細)

  • 広告主
    • LIXIL
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 752
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
このCMは衝撃的でした。
世界では、今も深刻なトイレの衛生問題が起きています。トイレが汚いがばかりに多くの
子供達が亡くなっているのです。日本のトイレが清潔で本当に幸せだなと思うと同時に、
トイレ先進国日本に住む身として、世界になにかできることはないだろうかと考えてしまいました。

世界トイレの日 「トイレのルーイ」が歌う「トイレにありがとう」 (詳細)

  • 広告主
    • WaterAid Japan
  • サービス
    • 世界トイレの日
  • ビュアー
    • 552
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!

世界トイレの日っていうのもあるんですね。
トイレに感謝。

★CM Fun活用術★
今回、私は、CM Funの検索機能で、「トイレ」について調べてみました。連想ゲームみた
いに、トイレ、消臭、便座などと検索していくと、トイレにまつわる様々なCMを見つけ
ることができました。企業のメッセージがぎゅっとつまったCMからひとつの事象につい
て考えるのも、なかなかおもしろいです。中学生の簡単レポートくらいにはなりそうで
す。おっと中学生よ、失礼。

(執筆者 山本貴代)

執筆者:

山本貴代

女性生活アナリスト・「女の欲望ラボ」代表。専門分野は女性 の欲望・心理・行動研究 。アジア9カ国の女性もネットワーク し、活動領域を広げている。仕事内容は執筆、講演、コンサル、 コピー書き、新商品開発など。連載:プレジデントオンライン、 東洋経済オンライン、カンパサール、エキシューマー等。 著書:女子と出産(日本経済新聞出版社)、晩嬢という生き方 (プレジデント)他多数。座右の銘:人生万事塞翁が馬。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る