ウェブマガジン CM Funコラム

お手手のしわとしわを合わせたら、謎が生まれたんですけど。

あゆみ

自分の常識は、他人の非常識。
自分の見ている世界が、世界のすべてではない。

…年を取るにつれ、そんなことを痛感し、
常に肝に銘じておかねばならないと思う私です。
そう、それはきっとあれがきっかけだったのかもしれません。

昔むかし。平穏な昼下がり。
何のはずみか己の両手を合わせた瞬間、
私の口はほぼ自動的に開いてこう言葉を発していました。

「お手手のしわとしわを合わせてしあわせ…なーむー」

ええ、知ってる方は知ってますよね。
そして自動的につぶやいてしまった私に
「分かる」と言ってくれると思います。

ところが当時、目の前にいた彼氏は
ものすごくけったいなものを見る目つきをして
「……何それ」と冷たく吐き捨てたのです。

本にもTVにも漫画にも詳しく、
私のボケにはそれを上回るボケか
的確なツッコミで返してくる彼が
まさかそんなリアクションを取るとは思ってもみませんでした。

何これ。恋の終わり?

ところがそうではありませんでした。
「えっと…お仏壇のはせがわ~♪だよ…?」
「……知らない」

マジかよーーーーー!

あれはそう、初期のかなり古いバージョンのCMが
流れなくなってから久しい頃でした。

彼はもともと九州出身で、大学から東京に出てきていたのです。
私はその時初めて知りました。
「お仏壇のはせがわ」CMは、全国区ではなかったと。

はせがわのお墓 はせがわ~お彼岸セールCM~(お仏壇のはせがわ) 30秒 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • お彼岸セール
  • ビュアー
    • 41,145
HA
面白い!
好き!
感動!

こちら最新の「なーむー」が見れます。

この「なーむー」な女の子は「しあわせ少女」という
キャンペーンガール。ゆうかちゃんで三代目です。

私が彼とのやりとりで愕然とした時期は、
この「しあわせ少女」という名を(多分)初めて冠した
「たばさちゃん」が出てくるまでの空白期間だったのですね。

そしてこの「はせがわ」、本社は福岡と東京。
CMは、一部地方で放映していたようです。
(彼氏は宮崎出身だったのでCMに接さなかったのでしょう…)

ところがネットではせがわを調べていたら、
妙な記述を目にしました。

「はせがわのCMと同じ映像が、別の仏壇店のCMとして流れている」


え…?

「というか、この少女のCMははせがわじゃなく、
 地元の◎◎仏壇店のCMとして認識してるぞ」

マジかよーーーーー!

言うなれば
「アサヒビールのCM映像をキリンビールが流してる」みたいな?
それって業界的に許されるの?

ドキドキしながら探してみたら、


ありました!

滝本仏光堂 宮尾すすむ編 大阪仏壇

  • 広告主
    • 滝本仏光堂
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!

ほんとだ!滝本仏光堂!
ていうか初代のゆうこちゃん、懐かしいぜ。

聞くところによれば、大阪の方は
この宮尾すすむさんのひとことも入れて、
地元CMだと記憶しているそうで。

…あっ、二代目のたばさちゃんバージョンもある!

滝本仏光堂ーお仏壇ー大阪府守口市・門真市・枚方市・寝屋川市

  • 広告主
    • 滝本仏光堂
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!

(ちなみにこの滝本仏光堂さん、Youtubeの公式チャンネルの
コンテンツがやたら充実していて素晴らしいです…ええ会社や)

同業種間で同じ素材…?どういうこと?
そう思ってWikiで調べたら

(はせがわのCMは)取引がある別商圏の複数の仏壇店のCMで使われる。
その場合『おぶつだんの、は・せ・が・わ〜』の「はせがわ」の部分が
その仏壇店の名前(「おおたや(太田屋)、「たきもと(滝本仏光堂)」、
「ひょうま」、「はたなか(畑中」)」、「岩佐佛喜堂」など)に代わる。

と書いてありました。

なるほど、製造卸部門ももつはせがわの、
それぞれ取引先さんなのね。納得。

でも、シャネルの自社製品CM素材を、
百貨店CM用ににまるまる使っていいよとはならないから、
(なぜ比較がそこ?)仏壇業界は特殊なのかな…?

そしてこれって、いろんな人に
「お手手のしわとしわを合わせて…」とつぶやいてみれば
そのリアクションによって出身地が分かったりするってことですな。


昔の彼氏との齟齬から思い出したはせがわCM、
意外な知識までついたので、雑な納得の仕方をするならば
なんだか得とご利益があった気分です。

私がいつかお仏壇を買う予定になったら、問答無用に
これらの仏壇店を思い起こすでしょうから、
「しあわせ少女」はまさにはせがわにしあわせを呼ぶ少女、
なのかもしれません。
なーむー。

(執筆者: 近藤あゆみ)

執筆者:

あゆみ

博報堂コピーライターからなぜかダンサーに転身。その後 (株)ネットプライス創業時からライター&クリエイティブディ レクターとしてEコマ―スに携わる。日本初の共同購入「ギャ ザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。 「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを15年以上 書き続け、一部にコアなファンを持つ。現在はフリーでライ ティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る