ウェブマガジン CM Funコラム

ネコノミクスで、
ネコマーシャルバンバン。

山本貴代

あなたはネコ派? それとも犬派?

2月22日は「猫の日」でしたね。いつからそんな日あったのか、
と特にネコ好きでもない私は当日初めて知ったのですが、
歴史は意外と長く、1987年に「猫の日」実行委員会なるものが
国内の愛猫家に呼びかけて制定したようです。
バブルの頃、勢いでできたのかな。

その日、朝のワイドショーは、どのチャンネルも「猫の日」の話題で
ちょっと、びっくりしました。
どうやら、世の中、ネコ景気で盛り上がっているみたいですね。
ネコノミクス(というらしい)の経済効果は、
1年間で2兆3162億円というから、いやはや驚き。
各局ニュースでとりあげるわけです。

景気が悪くなるとネコの人気があがるようです。
まあ、犬よりお金がかからないというのが大きな理由なのかな。
この3年で、日本における飼いネコ数はぐんと伸びていて、
およそ996万匹。飼犬(1035万匹)を抜く勢いのようです。
働く忙しい女性や外出が億劫になってくる高齢者は
なかなかペットと散歩には出られないので、
飼うのには犬よりネコの方がラクなんていうのもあるでしょうね。
気まぐれだけれど、膝のうえで適度に甘えてくれるし。
基本自由、ほっといても平気だし。
ワガママな自分に似ているなんていう人もいますよね。

ノラ犬は路上からいなくなりましたが、
ノラネコちゃんは、まだまだ身近にいますので、
親近感覚える動物とも言えますよね。

ネコカフェ、ネコドラマ、ネコ書籍、ネコ写真集、ネコグッズ、
春にはネコ映画も続々でるみたいです。

もちろんネコCMもテレビをつけると溢れています。
ちょっと覗いてみましょうか。

【YKK AP公式】2015「似たものどうし」篇 90秒 (特別編集ver.) “Two of a kind” (詳細)

  • 広告主
    • YKK AP
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 18,416
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
先ほど「自分に似ている」なんて書きましたけれど、
こんなに似ていると愛しくてたまらないでしょうね。
本人同士は気づいていないでしょうけれど。

「窓辺と猫」というのは永遠のテーマなのか、
YKK APのCMは、猫シリーズ満載です。
日本の会社ですが、物語が全て海外の窓になっているのは、
感情移入しやすいからなのかな。映画のワンシーンのようです。

お留守番編も、ファンタジーを感じますね。
しかし、このネコ、一体何匹ネコ家につれこんでいるのかしら。

【YKK AP公式】2015「お留守番」篇 90秒(特別編集ver.) “House sitting” (詳細)

  • 広告主
    • YKK AP
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 41,239
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
お次は、こちら。

Y!mobile CM

  • 広告主
  • サービス
    • Y!mobile
  • ビュアー
    • 0
HA
面白い!
好き!
感動!
キレキレダンスの桐谷美玲さんと、
おどおどしているあばれる君がでているのに、
どうしても、ふてニャンと目があってしまうのは私だけでしょうか。
ついつい、ふてにゃんとともに前後に手が動いていました。 


ライザップの「でぶネコ」も、すごい存在感でした。

RIZAP(ライザップ)「RIZAPを疑え 食事制限」篇 15秒 CM

  • 広告主
  • サービス
    • RIZAP
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
この後、入会したのかな。
筋肉モリモリの筋肉ネコを想像してしまいました。


それにしても、ネコのCMってじつに、多いですね。

リクルート「じゃらん」からは、「にゃらん」シリーズです。


リクルート じゃらん にゃらん 小さな弟子篇(15秒) CM (詳細)

  • 広告主
    • リクルート
  • サービス
    • じゃらん
  • ビュアー
    • 38,875
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
動物と幼い子の出ているCMを嫌いな人はいないといいますが、
まさに王道。ネコCMにシリーズが多いのも、そんな理由もあるのかな。


最後に、日産のネコバンバンは、ちょっと違う視点から。

#猫バンバン PROJECT MOVIE by NISSAN #KnockKnockCats (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!
これ1度みたらついつい、ボンネットバンバンしてしまいそうです。そんなところに入り込むのかぁ。温かいとはいえ、ちょっと怖すぎ。

それにしても、どのシリーズも、気まぐれなネコをうまく撮影しています。
どうやってご機嫌をとったのかしら。


さてはて、ネコノミスは、いつまで続くでしょう。
景気が回復したらネコCM減るのかな。
晩婚&高齢社会で、ネコ好き多いから減らないかな。
出演料もタレントよりリーズナブルだしね。
ネコCMを見ながら、あれこれ、ぼんやり考えてしまいました。
ネコちゃんたちはこの現象をどうみているのでしょうね。


(執筆者:山本貴代)

執筆者:

山本貴代

女性生活アナリスト・「女の欲望ラボ」代表。専門分野は女性 の欲望・心理・行動研究 。アジア9カ国の女性もネットワーク し、活動領域を広げている。仕事内容は執筆、講演、コンサル、 コピー書き、新商品開発など。連載:プレジデントオンライン、 東洋経済オンライン、カンパサール、エキシューマー等。 著書:女子と出産(日本経済新聞出版社)、晩嬢という生き方 (プレジデント)他多数。座右の銘:人生万事塞翁が馬。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る