ウェブマガジン CM Funコラム

いよいよ!
北海道にアレがやってくる。

東井 崇

札幌のコピーライター、東井 崇です。

3月26日。
北海道の歴史にその日は刻まれることでしょう。
そう、ついに新幹線が北海道にやってくるのです。

幼少時代、主に名古屋で過ごした私にとって、
新幹線はやっぱり特別な存在。
名古屋駅から東京行きの新幹線に乗ったことは
うっすら覚えております。
今の私からは想像できないと知人から言われそうですが、
乗車中テンション上がっていたようです。
なんで、子どもってああいう乗り物が好きなんでしょうね。
「速く移動することが良いことだ!」と
DNAレベルで刷り込まれているからでしょうか。
(敵から素早く逃げるという本能を先祖が持っていたのであれば、意外と正しいのかも)

さて、北海道新幹線の話です。
道外の方にちょっと補足すると、
北海道に上陸といっても、
まずは北海道南部の駅「新函館北斗」まで来るってことなんですよね。
札幌に新幹線が来るのは2030年の予定と言われています。
(その頃、私は何をしているのでしょうか。誰か教えてください)

とは言え、札幌で暮らしていても、
X-DAYが近づくにつれて、
この話題に接する機会が増えてきました。
ニュースしかり、街中のポスターしかり、
食品などのコラボ商品も店頭に並んでいます。

こんなCMが流れております。

北海道新幹線開業PR動画 来るべ!北海道新幹線「鈴井車掌登場」篇 (詳細)

  • 広告主
    • 北海道新幹線開業NAVI
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 23,791
HA
面白い!
好き!
感動!
北海道新幹線 特任車掌として登場しているのが、鈴井貴之さん。
そう、ご存知“ミスター”です。
え、知らない?
北海道で「ミスター」と言えば、
長嶋茂雄さんじゃなくて、鈴井さん(な気がします)。
今や超人気俳優となった大泉洋さんとともに、
伝説の北海道ローカル番組「水曜どうでしょう」に出演されていた方です。

そんな鈴井さんが思わず、
北海道弁が出ちゃうくらい、
待望の新幹線ってことですね。
意外と北海道の人って方言使わないですから。

こんなCMでも北海道新幹線開業の告知をしておりました。

北海道新幹線開業PR動画「つながる!ひろがる!ドミノ編」(30秒) (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • PR動画
  • ビュアー
    • 3,674
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
北海道新幹線によって結ばれる、
函館と青森の学生たちがドミノに挑戦するという企画です。
青函トンネルの長さ、53,850mにちなみ、
53,850個のドミノを使用して、
北海道新幹線や沿線地域の魅力をテーマにドミノを並べたそうです。
これ、ガチでチャレンジしています。
そのドキュメンタリーがこちら。

北海道新幹線開業PR動画「つながる!ひろがる!ドミノ編」(ドキュメント版4分) (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • ドキュメント
  • ビュアー
    • 7,043
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
こんなプレッシャーにさらされると、胃が痛くなりそうです。
あ、若いから痛くならないのかな…。
若さって素晴らしいですね。

ちなみに、私、たまたま撮影スタジオで
このテストに出くわしたことがありまして、
その時、函館スルメイカでドミノをやっていました。
ものすごい臭…、いや香りがスタジオに充満していました。
この動画を見ると、あの臭…、いや匂いが蘇ってきます。

で、最後はローカルCMではないものの、
北海道新幹線をテーマにしたCM。

サントリー ボスシリーズ CM

HA
面白い!
好き!
感動!
確かに、新幹線は妙にテンションがあがります。
こういったインフラって、不要論が絶対出てくるものですが、
単純にテンションあがる人が多いのも事実だなぁと
このCMを見て思いました。

鉄道マニアの皆さまはともかく、
新幹線はあくまでも移動手段。
最初のうちは乗ることが目的となるのかもしれませんが、
時間の経過とともに、それもなくなっていくでしょう。
新幹線の存在が、どう北海道を変えていくのか。
興味深くウォッチしていきたいと思います。


(東井 崇 執筆)

執筆者:

東井 崇

1977年富山県生まれ。岐阜県出身。札幌在住。 リクルートメディアコミュニケーションズ、電通北海道を経て、 2012年に独立。現在はフリーでコピーライターをやっています。 なんだかんだで広告が好きなようです。 とはいえ、地方なので、広告に限らず仕事の守備範囲は広め。 人生で初めて飼った猫を溺愛する日々です。 www.takashitoi.com

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る