ウェブマガジン CM Funコラム

急増!! 3人にひとり?
花粉少年少女のみなさまへ。

山本貴代

ハックションずるずるずる。おっと失礼。おはようございます。
昭和50年代から花粉症の山本です。その筋ではベテランです。
この時期、風邪なのか、花粉症なのか、そのどちらでもなく予防なのか、
はたまたファッションなのか・・・
街や電車はマスク人間だらけで、よくわかりませんね。
でも、今朝もテレビが言ってました。
「日本国民の4人にひとりが花粉症のようです」と。
しかもここ10年で、ぐんぐん増加傾向にあるようで
人数にしたら推定4000万人以上だそうです。
子どもに至っては3人にひとりなのだとか。
天気予報と並んで、花粉予報まであるのですから、
いやはや大変な事態です。

日本は、スギ林の面積が国土の12%を占めていることから、
花粉症の人の、約7割がスギ花粉が原因ともいわれています。
なかでも東海地域のスギ花粉症疾患率は、28.7%で全国ダントツ。
静岡育ちの私は、なって当然の環境に住んでいたのでした。

昭和50年の頃なんて、まだまだ花粉症対策マーケットは未開拓。
私の目はひっくり返したいほどかゆく、鼻の下は、擤みすぎでがびがび。
自分で言うのもなんですが、春は可哀想な花粉少女でした。
耳鼻科の薬は眠くなるし、そんなに効かないし。
目を洗うクールな液体なんて無かったし。

ある時期、漢方薬を家で煎じて飲む、なんていうこともやっていましたけれど
あれは、鼻をつまんでも飲めなかったし、
まずかったわりに効き目も感じませんでした。
母は、「魔女の家みたいね」と笑いながら、
どす黒い漢方の葉を丹念に煎じてくれました。母に感謝。

あれから時は経ち、昭和の花粉少女の目からみたら、
随分と生きやすい時代になったと思います。
ああ、今わたしが小学生ならば
どんなにすっきり生きることができたでしょうか。
CMを見ればそれは、一目瞭然です。
こんなにいい商品や鼻炎薬が選び放題なのですから。

いっきに見てみましょう、花粉症マーケットCMを。
まずは、ティッシュのCMから。

大人の鼻セレブ ティッシュペーパー ネピア新発売 ネット限定【web】販売

  • 広告主
    • ネピア
  • サービス
    • 大人の鼻セレブ
  • ビュアー
    • 1,317
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ネーミングが、「大人の鼻セレブ」ですよ。
なぜ、ウサギ人間? とかなりシュールなCMですが、
もしも願いが叶うなら、タイムマシンに乗れるなら、
鼻の下、がびがび少女時代の私に、一箱プレゼントしてあげたい。

3枚も重ねたティシュに、保湿成分がたっぷりと含まれ、
さらにやさしい鼻ざわりになっている。
「鼻を愛する大人だけに許されたひとときを、どうぞ心ゆくまでお愉しみください」
というメッセージ。辛い鼻を擤む行為が楽しいひとときになるなんて!!
ウサギが立って踊り、そして恋に落ちるくらい、すごい商品なのであります。

おつぎは、これ。

エスエス製薬 アレジオン20 CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
おそろしや花粉の嵐の中で、目をカッとみひらく武井咲さん。
ついに、医療用と同量配合。
本気で花粉と戦うあなたに。
一日一回長く効く。
眠くなりにくい。
最後のシーンでは、青空見える。
花粉症にとっては響きすぎる映像とメッセージです。






第一三共ヘルスケア AGアレルカット「手刀」篇

こちらは向井理さんの「手刀」篇。
辛い症状を手刀でバサバサカットしていくと、これまた晴れ間が見えてくる。
つくりは、アレジオンと同じですね。
でもこれ、私的にはすごく効くのです。鼻炎薬も目薬も。
忘れると、家にとりに帰るくらいのすぐれものです。
CMを見たい方はこちら






アレグラFX 久光製薬 「花粉NOW」
CMはこちら


アレグラ星から来た宇宙人に扮する嵐の大野くんのCM覚えていますか。
差別化を図り、絵はこれまでのつくりとはちょっと違うのですが、
ネーミングが、どれも似たり寄ったりで、花粉症側としては全然覚えられない。
あの紫の大野君のっていう覚え方でしょうか。

鼻炎薬以外にもまだまだあります。
花粉をガードするなんていう考えも昭和の時代にはありませんでした。

花王 リセッシュ 除菌EX プラス プロテクトガード CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
お出かけ前に、衣服にシュッシュッとプロテクトガードするものですね。
帰宅時まで花粉を寄せ付けないのかは疑問ですが、福士くんにいわれたら、
主婦は、シュッシュッしちゃいますね。しかし、紫色でまた混乱。

まだまだいろいろありますが、
最後は、マスクのCMです。

アラクス ピッタ・マスク CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
これはちょっと買ってみたくなります。
花粉を通さないだけではなく、軽くて耳が痛くならないうえ、
伸縮して密着して、高い通気性もあるようです。しかもブラックもある。
かっこいい。
ドラッグストアで見かけたら、これはついつい手に取ってしまいそうです。

花粉症にまつわるCMあれこれ、いかがでしたでしょうか。

日本の、花粉少年少女のみなさま。どうぞお大事に。
花粉症は、今ピークでつらいとは思いますが、
対策商品選び放題で、ほんとうにいい時代になったと思います。

それにしても、鼻炎薬に関しては、
名前と映像がみんな似ていて覚えにくいので、
作り手は、もうちょっとだけ工夫をされるとよいのかもしれませんね。

執筆者:

山本貴代

女性生活アナリスト・「女の欲望ラボ」代表。専門分野は女性 の欲望・心理・行動研究 。アジア9カ国の女性もネットワーク し、活動領域を広げている。仕事内容は執筆、講演、コンサル、 コピー書き、新商品開発など。連載:プレジデントオンライン、 東洋経済オンライン、カンパサール、エキシューマー等。 著書:女子と出産(日本経済新聞出版社)、晩嬢という生き方 (プレジデント)他多数。座右の銘:人生万事塞翁が馬。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る