ウェブマガジン CM Funコラム

道産子オーレ。

東井 崇

札幌のコピーライター、東井 崇です。

実は、サッカー好きです。
2年前まで自分でもボールを追いかけていました。
ただ、疲れて息があがってくると、
試合中の記憶がほとんど残っていないことに気づき、
これはヤバそうだと、カラダからの警告だと思い、
そっとスパイクを脱いだのでした…。

今シーズンもJリーグが始まっています。
われらがコンサドーレ。
そろそろJ1に昇格してくれることを期待したいところ。

ちなみに、このコンサドーレという名前、
公募決まったそうですが、
私が以前勤めていた
広告代理店の元上司の奥様が考えたものらしいです。
道産子とオーレを組み合わせる発想、斬新です。
さらにちなみに言うと、
その奥様、案が選出された時、
メディアからの取材を受け、
「ご主人のお仕事は?」と聞かれた際に、
「サービス業です」と答えたとか。
確かに…間違いではないですね…。
いや、むしろ正解。

そんなサービス業である広告業界の人間にとって
気になるのが、スポンサー。
コンサドーレのメインスポンサーのひとつが、
あの白い恋人の石屋製菓です。
石屋製菓が経営的に大変な時でも
コンサドーレへの支援は続けたと聞いています。
そのため、コンサドーレのサポーターにおける
石屋製菓の存在は絶対で、
お菓子なら、石屋製菓のものしか手にしないとか…。
ある種、スポンサードの理想形です。

というわけで、石屋製菓は、
コンサドーレの選手を起用してCM作っています。
昨年度のCMの総集編を見つけました。
けっこうなタイプ数ですね。
まとめて一気にどうぞ。

白い恋人×コンサドーレ札幌2015「今年こそ!いくぞ、J1」総集篇 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 白い恋人
  • ビュアー
    • 43,363
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
Jリーグのチームがここまでフィーチャーされて
制作されているCMって他の地域であるのでしょうか?
(あれば、教えてください)
小野と稲本がコンサドーレにいるなんて、
私たちの世代(アラフォー)には
感慨深いものがあります。

そういえば先日、
コンサドーレがあの博報堂DYMPと
戦略パートナー契約を締結したことが
ニュースになっていました。
これによって、
新しいCM表現も何かしらの影響を受けるのか、注目です。

中部地方出身者なので、
かつては、ピクシー現役時代のグランパスを応援していました。
しかし、気付けば、
Jリーグで応援するならコンサドーレということに
自分の中ではなっています。

その土地のスポーツチームを応援しはじめたら、
そこは地元って呼んでもいいのかもしれないですね。

だから、札幌の皆さん。
そろそろ地元って呼んでいいですか…?

生まれは富山。実家は岐阜。
札幌在住歴計14年。
アイデンティティの崩壊に苦しむ
東井がお送りしました。

執筆者:

東井 崇

1977年富山県生まれ。岐阜県出身。札幌在住。 リクルートメディアコミュニケーションズ、電通北海道を経て、 2012年に独立。現在はフリーでコピーライターをやっています。 なんだかんだで広告が好きなようです。 とはいえ、地方なので、広告に限らず仕事の守備範囲は広め。 人生で初めて飼った猫を溺愛する日々です。 www.takashitoi.com

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る