ウェブマガジン CM Funコラム

歌は、タレント。

東井 崇

札幌の東井です。

春ですね。
札幌も雪が溶けて、
街中のアスファルトが顔を覗かせ始めています。
自転車で移動する人たちも増え始めました。
基本、札幌では冬、自転車に乗れません。
雪と寒さが理由なのですが、
いつの時も基本から外れる人間はいるもので、
雪道やアイスバーン状態でも
ママチャリで激走するツワモノがいます…。

何かを始めるとか、何かを変えるとか。
春は、きっかけの季節です。
このタイミングで出稿量が多くなるのが、
バイトや転職情報関係のCMではないでしょうか。

札幌で求人情報といえば、「アルキタ」です。

人材業界的には、
フリーターという言葉を生み出しり、
就職活動の流れを作ったガリバー、
某R社が有名です。
しかし、札幌にR社が本格進出したのはここ最近のこと。
その背景には、アルキタの存在があったからとか。
R社でさえ、強力なライバルとみなしたアルキタ。
札幌では圧倒的な知名度を誇っております。

そんなアルキタが、今年の春からOAしている新しいCMをどうぞ。

北海道アルバイト情報社 アルキタ CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
アルキタ「春はバイトのタイミング 男性編」

北海道アルバイト情報社 アルキタ CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
マンガをモチーフにした演出も特徴的ではありますが、
キモは音楽ではないでしょうか。
耳を澄ませば、
ほら、あの有名曲が聴こえてきませんか…?


そう、ブラックビスケッツの「タイミング」です。
懐かしい…と言うと世代がバレますね。

曲タイトルでもあるキーフレーズ「タイミング」と、
新しいバイトを始める「タイミング」とをかけて、
替え歌にしているわけです。
過去に何度も耳にしているレベルの有名曲なので、
一度見ただけで覚えやすく、印象に残りやすいですよね。

新生活シーズン、
もう一つ力の入る企業と言えば不動産系企業です。

北海道を中心に展開する不動産会社、
常口アトムのCMを見てみましょう。

【新CM】常口アトム(phone) (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
【新CM】常口アトム(phone)

【新CM】常口アトム(family) (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!

こちらの歌は、すぐわかりますね。
キャンディーズの「春一番」です。
(と言いつつ、タイトルはわからなくて、ググりました…)

こちらも物件紹介サイト名である
jogjog(ジョグジョグ)というワードを、
歌詞の中に組み込み、曲の力を借りて、
そのフレーズを浸透させようとしているようです。

さて、このような替え歌CMが生まれる背景には
何があるのでしょうか。

地方の広告制作の宿命と言えば、限られた予算。
ああ、イヤな響きです。
(や、アラブの石油王がクライアントとかでない限り、
予算はどこでも限られていますね)

あるところで聞いた話によると、
東京から移住してきたCMプランナーが、
札幌のCM制作費の見積もりを見て、
「数字の0、一つ足りなくない?」
と真顔で質問したとか、してないとか。
まあ、それくらいの時もあるようです。

それすなわち、著名なタレントなんて到底起用できない。
でも、認知は効率よく上げたい。
そんな時に、この替え歌や歌のリバイバルという手法は、
有効だと思われます。

昨今、ナショナルクライアントのCMでも多いです、
過去のヒット曲をリメイクして使うパターン。
その場合、
例えばguとかearth music&ecologyのように
有名楽曲と有名タレントをセットで起用、
ということになるでしょうが、
札幌だと予算の関係上、
曲のみを「タレント」として使う
パターンが多いのではないでしょうか。
著名タレントを起用するほど予算潤沢ではないけども、
著名な「何か」を使いたいって時に、
歌というのは魅力的な手段なのかもしれません。

いや、実際の詳細な制作費知らないので、
すべて私の妄想です。
本当は、アラブの石油王とか、中国の不動産王とかが
北海道のクライアントのバックについているのかもしれません。

「うちはすごい制作費払っているぞ!」
みたいなクライアントの皆さま、
こっそり私に教えてください。
そして、仲良くさせてください。

執筆者:

東井 崇

1977年富山県生まれ。岐阜県出身。札幌在住。 リクルートメディアコミュニケーションズ、電通北海道を経て、 2012年に独立。現在はフリーでコピーライターをやっています。 なんだかんだで広告が好きなようです。 とはいえ、地方なので、広告に限らず仕事の守備範囲は広め。 人生で初めて飼った猫を溺愛する日々です。 www.takashitoi.com

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る