ウェブマガジン CM Funコラム

破天荒から、みんなの上司へ。

あゆみ

吉川晃司がデビューして、みるみるうちにスターになっていく過程を、
私の世代はリアルタイムでつぶさに見ていた。

チェッカーズを愛し、小柄な(今はWikiでは164cmと書いてあるけど、
当時のプロフでは163.5cmだったはず)フミヤに恋をしていた私は
182cmの長身と、長い長い脚をぶん回す彼のファンでは、特になかった。 
けれどあの時、ベストテン系の番組に出ていた歌手の曲は
みんなが歌えたような時代だったので、もちろん彼が出てくると
カッコいいなあと思ったし、楽しくて、一緒に歌ってもいた。

吉川晃司は、とにかくとんがっていた。

不機嫌もすぐ顔に出るし、興が乗り過ぎてセットを壊したり、
カメラに突撃してしまったりと、「格好いいけどおっかない
兄ちゃん」という印象があった。

伝え聞くプライベートの話も、悪友である尾崎豊ととっくみあいを
するとか、喧嘩(ストリートファイト)がマジで強いとか
そういうのばかりで、とにかく危険な匂いがぷんぷんする男であった。


そして時は流れた。 
昨年の「下町ロケット」での財前部長役で人気を博した時、
Twitterで彼の評判を追ったいた私は仰天した。
若者のこんなツイートを見つけたからだ。

「えっ!吉川晃司ってミュージシャンなの!?」
「うわ、ロックやってるんだイメージ違う!」
「布袋と組んでたことあるんだって!」

ミュージシャンの彼を知らない世代がこんなにいるのかよ!
…ということは同時に「ワルな吉川アニキ」も全然知らないということだ。

そして彼はこの春、続々と新しいCMに出ている。 
もともと大河ドラマなどでも役者として定評があったけど、
会社の部長という誰もが身近な設定で、しかも「義理人情に篤く、
仕事ができて信念がある男」という財前部長を演じたことで
世間が彼への好感度をぐん!と上げたのは確かだと思う。

キリンビバレッジ 3/22発売 キリン 生茶 「吉川 香り」篇 15秒 CM (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
これは先日リリースされたばかりの吉川アニキのCM。
明らかに、財前部長や大河ドラマでのイメージを
踏襲したような雰囲気だ。

美しい胡坐、渋い低音、日本茶。

破天荒なミュージシャンは、いつしか
「みんなの上司」になった。

2016年のお茶の間が吉川アニキに求めているものが、
このCMでよく分かると私は思う。

安定感。揺るぎない、静かな強さ。
武士のようなたたずまい。そして漂う「侠気」だ。

今の男性たちがどんどん手放しているこれらを、
彼はひとりで持っているような、そんな雰囲気がある。


かと思うと意外と己のブランドイメージにはこだわらず
意外と仕事を選ばないのがアニキだ。
数年前の「チョコモナカジャンボ」の真面目なボケっぷりもそうだし、
今回もうひとつほぼ同時にリリースされたこのCMも、
生茶とは全然イメージが違う。

日清食品 焼きそばU.F.O. 日清焼そばU.F.O. CM 「エクストリーム! 篇」 30秒 / 吉川晃司・水原希子 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
B級シネマ風のこれ、あのライブではおなじみのシンバルキックなど、
長身と運動神経を活かしたアクションを入れ込んで欲しかったなあ。
途中、姫がさらわれるところがマッドマックス風なのは個人的に高評価。
(そういえば彼は、寡黙なマックス役がよく似合うと思う…!)

わざとアホっぽいつくりになってはいるけれど、
よく考えたらこれもやっぱり、ピンチを救う強いヒーロー。

昔は破天荒、今はすっかり落ち着いた男。
でも、いざとなったらしっかりみんなを守るぜ。

これって男の憧れの年のとり方ではないだろうか。

日本の上司、みんなの兄貴、強いヒーロー。 
それが、いま私たちが彼に求める姿。 
さらに年齢を重ねると、次はどんなキャラになってゆくのか、
どんなCMに出るようになるのか。 
吉川晃司の未来もまた、ものすごく楽しみなのである。


(ちなみに私はライブでナマ吉川晃司を2度ほど拝見しました。
あまりのセクシーさに私と友達全員ノックアウト、ライブ後は
自分達の目当てのアーティストの話を一切せず、吉川アニキの話
だけで盛り上がりました(笑)セクシーなくせに、MCになると
第一声で「えー、お粗末さまでした」とか年相応なことを言い出す
ギャップも最高でしたよ)

執筆者:

あゆみ

博報堂コピーライターからなぜかダンサーに転身。その後 (株)ネットプライス創業時からライター&クリエイティブディ レクターとしてEコマ―スに携わる。日本初の共同購入「ギャ ザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。 「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを15年以上 書き続け、一部にコアなファンを持つ。現在はフリーでライ ティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る