ウェブマガジン CM Funコラム

盛り上がるかも、ラッパーCM。

saburo

さてさて、今回は「ラッパーCM」をご紹介。
まぁ字のとおり、ラッパーが紹介するCMなんですけれども、実は2種類あるんです。
一つ目は、俳優さんや芸人さんがラップをして、ラッパーに成りすますパターン。
もう一つが、本当の現役ラッパーさんたちを出しているパターン。
どちらがいいとかは、ないんですが、とりあえずいろいろなラッパーCMご紹介します。

コカ・コーラ ファンタ CM

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
最初は先ほどいった前者のパターン。
俳優の菅田将暉さんが、イカしたラッパーに大変身です。
やはりスキル面でいうとそこまでうまいなあ、と感じることはないですけど、CM全体で見ると非常にかっこいい。

ラッパーは基本的に仲間意識が強いものらしく、結構MVとか取るとうたっている人の周りを囲んで、ノッテいるんですね。
これも菅田さんを囲んで多くの仲間(?)がいますね。そしてアンダーグラウンドのお供であるダンサーもいますね!

さてさて次は一転して…。

COLEMAN OUTDOOR RESORT MOVIE 『ようこそ予想外!WELCOME THE UNEXPECTED』| コールマン (詳細)

  • 広告主
    • Coleman
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 250,124
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
こちらは4人の現役ラッパーたちが出演している作品。
アウトドア用品のコールマンが作ったようですね…。

最初に白目で寝ている方は「鎮座DOPENESS」という方。
ラップバトルの大会にも数多く出場して、その独特なフロウで多くのファンを獲得しています。
おそらく一番信者数が多いラッパーの一人でしょう。

彼らが夜中にやりだしたのは「サイファー」というもの、見てもらえればわかるが同じ曲(もしくは複数)でどんどんマイクリレーのような形で進めていくものだ。かなり即興性が求められ、頭の回転が求められます。

ただ思ったよりラッパーの人たちって普通の人たちなんだね、と思った方多いのでは?
そんな方たちが思っていた、ラッパー像ってこんなんですよね。

AQUOS CRYSTAL X 「話を広げるラッパー」篇 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
だぼっとした服装で、キャップを被って、なんか首からアクセサリーをぶら下げている。
しかも横には女性をおいて、話の内容はなんだか非常に広いことだったり…なんかラッパーってこんなイメージなんですよね。

それは実は当たっている面もあって、これが大多数です。
ただ実はちょっとこういった方もラッパーとして活躍中だったりするんです。

DOTAMA VS 森翔太「スッキリコミュニケーション学」 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
彼の名前は「DOTAMA」
そのおとなしそうな見た目とは裏腹に、いざラップバトルなどが始まるとかなり攻撃的なマイクパフォーマンスを繰り広げます。
実際いつもこんな感じで眼鏡をかけており、ファッションもまさにこれ。
まさに先ほどご紹介したラッパーの典型例とは正反対です。





さて、そもそも言葉遊びとは、平安時代とか(?)ではかなり雅な扱いを受けていたはずです。
いかにうまく韻を踏むかが、いわゆる歌人たちの力の見せどころで、職人技のようなものであったはず!
しかしいつの間にか言葉遊びはくだらないものと見下されて、それに伴いラッパーの社会的な地位も低くなってしまっているように思えます。
特に日本では全国放送でラッパーが出ることはほとんどないです。

そんな中、彼らがもしかしてこれからチャンスがあるのがCM、特にWEBCMなのではないでしょうか。
事実、確実に最近彼らが採用される本数は増えています。
果たしてこれからどう増えていくのか、もしかして地上波CMでもっと活躍するのか。
それともWEBCMというある意味でニッチなところから攻めていくのか。
非常に興味深いです!(僕だけかな?)

執筆者:

saburo

( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。 そんな某国立大学に通うインターン生。 何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。 瞬く間にCMジャンキーに。 プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。 国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る