ウェブマガジン CM Funコラム

車を迷う気持ちは恋心と似ている!?
【ダイハツ 「日本のどこかで」シリーズ その2】

近年、若者の車離れが叫ばれています。

金銭的なこと、環境のこと、そして、車に対して興味がなくなっているなど、様々な理由が挙げられています。
しかし、環境に良くて、価格も比較的高くない車や新技術を搭載した車など、新しい種類の車がどんどん世の中に出ています。

今回は、そんな新しい車に対して向き合うある若い男の姿を描いた、
ダイハツ工業のCM「日本のどこかで」シリーズ全5話を5回に分けて紹介します。

それでは、シリーズ第2話です。

ダイハツ 企業CM 「日本のどこかで 晩メシ」篇

  • 広告主
    • サントリー
  • サービス
  • ビュアー
    • 244
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「ダイハツ工業/日本のどこかで 晩メシ」篇

第2話の概要

「何かが少しずつ変わり始めていた」
という主人公の“変化”を予感させるナレーションからスタート。

仕事仲間と夕ご飯を食べているシーンで、主人公のリアクションからその“変化”がわかります。

<第1話の最後に登場した気になる彼女との関係>と、
<第3のエコカーへの興味>です。

気になる彼女が微笑み、会釈してきたことに対して仕事仲間が主人公を冷やかしたとき、
そして、第3のエコカーが定食屋のテレビで流れているのを見つけたとき。
この2つのシーンでは、いつもより感情を露にした主人公の姿が見受けられます。

●”車が欲しいということは、幸せなことかもしれない”

車って、お金もかかるし、場所も取る。けれど、持っていたら生活が変わるし、新たな自分と出会うことになる。それだけ自分の人生に影響を与える大きいものを欲しいと思うとき、夢中になるし、考えます。そんなことが、第3のエコカーの情報を真剣にみる主人公から伝わります。

そして、それはとても幸せなことです。

今の世の中、明るい未来を想像できず、
生活や行動が小さくなってしまっていることが、特に若者に多いと言われるし、実際そうだと思います。それは無理もないのかもしれません。

しかし、思い切って、大きな1歩を踏み出すこと、大きなものを手に入れようとすることは、それ自体がわくわくするし、人生を明るくするきっかけになります。
車は、そんな存在にもなるほどの大きいものでしょう。

悩める主人公、微笑む彼女、そして第3のエコカー。
この3者を巡るストーリーは、どのようになっていくのか、引き続き見逃せません。

ダイハツ 企業CM 「日本のどこかで 晩メシ」篇

  • 広告主
    • サントリー
  • サービス
  • ビュアー
    • 244
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「ダイハツ工業/日本のどこかで 晩メシ」篇

第2話の概要

「何かが少しずつ変わり始めていた」
という主人公の“変化”を予感させるナレーションからスタート。

仕事仲間と夕ご飯を食べているシーンで、主人公のリアクションからその“変化”がわかります。

<第1話の最後に登場した気になる彼女との関係>と、
<第3のエコカーへの興味>です。

気になる彼女が微笑み、会釈してきたことに対して仕事仲間が主人公を冷やかしたとき、
そして、第3のエコカーが定食屋のテレビで流れているのを見つけたとき。
この2つのシーンでは、いつもより感情を露にした主人公の姿が見受けられます。

●”車が欲しいということは、幸せなことかもしれない”

車って、お金もかかるし、場所も取る。けれど、持っていたら生活が変わるし、新たな自分と出会うことになる。それだけ自分の人生に影響を与える大きいものを欲しいと思うとき、夢中になるし、考えます。そんなことが、第3のエコカーの情報を真剣にみる主人公から伝わります。

そして、それはとても幸せなことです。

今の世の中、明るい未来を想像できず、
生活や行動が小さくなってしまっていることが、特に若者に多いと言われるし、実際そうだと思います。それは無理もないのかもしれません。

しかし、思い切って、大きな1歩を踏み出すこと、大きなものを手に入れようとすることは、それ自体がわくわくするし、人生を明るくするきっかけになります。
車は、そんな存在にもなるほどの大きいものでしょう。

悩める主人公、微笑む彼女、そして第3のエコカー。
この3者を巡るストーリーは、どのようになっていくのか、引き続き見逃せません。

ダイハツ 企業CM 「日本のどこかで 晩メシ」篇

  • 広告主
    • サントリー
  • サービス
  • ビュアー
    • 244
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「ダイハツ工業/日本のどこかで 晩メシ」篇

第2話の概要

「何かが少しずつ変わり始めていた」
という主人公の“変化”を予感させるナレーションからスタート。

仕事仲間と夕ご飯を食べているシーンで、主人公のリアクションからその“変化”がわかります。

<第1話の最後に登場した気になる彼女との関係>と、
<第3のエコカーへの興味>です。

気になる彼女が微笑み、会釈してきたことに対して仕事仲間が主人公を冷やかしたとき、
そして、第3のエコカーが定食屋のテレビで流れているのを見つけたとき。
この2つのシーンでは、いつもより感情を露にした主人公の姿が見受けられます。

●”車が欲しいということは、幸せなことかもしれない”

車って、お金もかかるし、場所も取る。けれど、持っていたら生活が変わるし、新たな自分と出会うことになる。それだけ自分の人生に影響を与える大きいものを欲しいと思うとき、夢中になるし、考えます。そんなことが、第3のエコカーの情報を真剣にみる主人公から伝わります。

そして、それはとても幸せなことです。

今の世の中、明るい未来を想像できず、
生活や行動が小さくなってしまっていることが、特に若者に多いと言われるし、実際そうだと思います。それは無理もないのかもしれません。

しかし、思い切って、大きな1歩を踏み出すこと、大きなものを手に入れようとすることは、それ自体がわくわくするし、人生を明るくするきっかけになります。
車は、そんな存在にもなるほどの大きいものでしょう。

悩める主人公、微笑む彼女、そして第3のエコカー。
この3者を巡るストーリーは、どのようになっていくのか、引き続き見逃せません。

ダイハツ 企業CM 「日本のどこかで 晩メシ」篇

  • 広告主
    • サントリー
  • サービス
  • ビュアー
    • 244
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「ダイハツ工業/日本のどこかで 晩メシ」篇

第2話の概要

「何かが少しずつ変わり始めていた」
という主人公の“変化”を予感させるナレーションからスタート。

仕事仲間と夕ご飯を食べているシーンで、主人公のリアクションからその“変化”がわかります。

<第1話の最後に登場した気になる彼女との関係>と、
<第3のエコカーへの興味>です。

気になる彼女が微笑み、会釈してきたことに対して仕事仲間が主人公を冷やかしたとき、
そして、第3のエコカーが定食屋のテレビで流れているのを見つけたとき。
この2つのシーンでは、いつもより感情を露にした主人公の姿が見受けられます。

●”車が欲しいということは、幸せなことかもしれない”

車って、お金もかかるし、場所も取る。けれど、持っていたら生活が変わるし、新たな自分と出会うことになる。それだけ自分の人生に影響を与える大きいものを欲しいと思うとき、夢中になるし、考えます。そんなことが、第3のエコカーの情報を真剣にみる主人公から伝わります。

そして、それはとても幸せなことです。

今の世の中、明るい未来を想像できず、
生活や行動が小さくなってしまっていることが、特に若者に多いと言われるし、実際そうだと思います。それは無理もないのかもしれません。

しかし、思い切って、大きな1歩を踏み出すこと、大きなものを手に入れようとすることは、それ自体がわくわくするし、人生を明るくするきっかけになります。
車は、そんな存在にもなるほどの大きいものでしょう。

悩める主人公、微笑む彼女、そして第3のエコカー。
この3者を巡るストーリーは、どのようになっていくのか、引き続き見逃せません。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る