ウェブマガジン CM Funコラム

「もしも○○がなかったら」
の世界へ、いざないます。

ビスコチ

「もしも○○がなかったら」

いろんな妄想をしたことがあるでしょう。

妄想は自由で自分だけの世界だから、その妄想をみればその人の本音の一部がわかりそうです。


ここでピックアップするCMには、あまり妄想しないような「もしも○○がなかったら」が登場します。

そして、くっきり鮮やかに、具体的に描いてくれています。


まずは、「もしも“刃物”がなかったら」。

関市PRムービー「もしものハナシ」 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
  • ビュアー
    • 341,618
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
野菜を切る、髭をそるなど日常的な1コマから、美容室や結婚式のケーキ入刀まで…、あらゆるシーンが登場して、刃物がないパターンを描いています。

徐々にシュールになっていき、笑いどころも増加。

と同時に、刃物の存在感をヒシヒシと感じさせてくれる映像でもあります。


「刃物のない、人生なんて」


言葉の感じからは矛盾するようですが、たしかにゾッとします。ここらへんも、ユーモアが効いているCMです。


ただ、ちょっと行くのは、「・・・・」となりそうですが…。関市の違う顔も気になります!


次は、もしも“インターネット”がなかったら。

IIJ CM 「もしもインターネットがなかったら」 SNS篇 (詳細)

  • 広告主
    • IIJ
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 1,736,304
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「もしも“インターネット”がなかったら、SNSはこんな感じになる。」

といったように、「SNS」に限定してそのシーンを表現。私たちのインターネット使用の大半を占めるSNSを取り上げることで、こっちも妄想を重ね合わせやすいですよね。

このCMがユニークなのは、インターネットがない=SNSもない、とするのではなく、強引にSNSは存在させていることです。

しかし、古き日本のアイコン(?)である忍者が登場。今も昔も、やっていることはあまり変わっていないことを教えてくれているかのようです。

執筆者:

ビスコチ

2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る