ウェブマガジン CM Funコラム

男性の相手は、
女性とは限らなくなった。

saburo

世界は変わりつつある。
私はある一つのCMを見て、ソレをうっすらと感じるようになりました。
その一つのCMというのは、台湾マクドナルドのもの。「父と息子の対話」がテーマなのですが、その内容が息子のあるカミングアウトについて、というもの。そうですね、もうお気づきだと思いますが、いわゆる”同性愛”についてです。
同性愛自体はもうちょっと前から機運が高まっているとは思いますが、こういった大手企業のCMに出始めたのはあまり見なかったので非常に驚きました。しかも、アマゾンやアップルなど(何事にも)先進的なイメージのある企業ではなくて、マクドナルドとは…!
これを見た時、世界は変わりつつある、と私は思ったわけです。

ともかく、まずはそのCMをご覧ください。

麥當勞McCafé 讓對話更有溫度|「接納篇」 (詳細)

  • 広告主
    • マクドナルド
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 2,150,946
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
いかがでしょうか。
といっても、大半の人が読めないと思うので一応和訳を。
息子がいったセリフは「我喜歡男生(僕は、男性が好きです)」で、それに対して父親が返した言葉が「我接受你喜歡男生(おまえが男を好きだということを、俺は受け入れる)」です。
同性愛といういまだ完全にはすべての人の意識に調和出来ていない難しい問題に、かなり真正面から向き合った作品だと思います。感動すると同時に、繰り返しますが、マクドナルドがこれをやったことに非常に驚きました。(台湾という土地柄も大きいと思いますが)


お次は、非常に大事な商戦時に、あえて同性愛をテーマにしたCMを流したこちら。

Home. Heart. Holiday. "The Homecoming" (詳細)

  • 広告主
    • Nordstrom
  • サービス
  • ビュアー
    • 245,666
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
アメリカのデパート「Nordstrom」によるものですね。
アメリカでは、いわゆるホリデーシーズン(11月終わりからクリスマスまで)というものが存在し、その期間中はどんなお店にとっても重要な商戦です。当然それに向けて、秘蔵のCMたちを世に送り出さなければなりません。
そんな中、全米規模で展開しているNordstromが、同性愛を扱ったCMを出しました。アメリカでは認められているしいいだろ!(2015年に全米で同成婚が認められました)という見方もありますが、保守的な方々からはまだまだ理解が得られず、誰もがいい気持ちになるような存在ではまだ無いようです。
しかし、ある意味で”賭け”のようなものが、大きな会社がやれたことが素晴らしいことだと思います。それだけでも、時代は同性愛を認めるフェーズに入っていることを確信させます。

最後は、こちら。

Moschino Barbie!

  • 広告主
    • Moschino
  • サービス
    • Moschino Barbie
  • ビュアー
    • 3,560,947
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
最初、”その話題”と知らずに見ていたのですが、よくわからない違和感を感じていました。
そうなんです、バービー人形のCMに少年が出ているのです!明示はもちろんされていないですけれども、それとなく中性的な雰囲気を漂わせている彼。実は言葉遣いも、いわゆる「おネエ言葉」が使われており、巷ではこれは完全にそういった存在であると認識されています。

バービー人形といえば、女の子の代名詞。男が触って居ようものならば、クラスでいじめられても文句は言えない時代がありました。しかしこういったCMを見ると、世界が変わりだしていることが分かります。いや、実際意味が分かったときはびっくりしましたよ…ついにか!と。

こうみてみると、やはり日本のものは少ない。
日本国内ではやはりそういった機運はあまり見られず、かつ(私見ですが)真のグローバルビジネスをしている企業があまりないので、そういった意識になる(必然性がない)企業も多いのでしょう。

個人的にも、友達にそういったカミングアウトをしてくれた人はいません。10~20人いれば1人は同性愛者であるといわれているのに。(ちなみに人生でただ一人出会ったのは、台湾の方でした)
幸せの形というのは、決して他人に決められるものではありません。そして幸せを追求する姿勢に、正解などありません、貴賤などありません。世界は変わりつつあります、変わった未来を今から非常に楽しみにしています。(私はストレートですが…)
それでは今日はこのあたりで!

執筆者:

saburo

( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。 そんな某国立大学に通うインターン生。 何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。 瞬く間にCMジャンキーに。 プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。 国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る