ウェブマガジン CM Funコラム

バトルは、どこでも勃発する。

ビスコチ

先日、とあるカフェで過ごしていたら、今年大学に入学したであろう新入生たちが、「夏休み入る前に、どっちが早く恋人つくれるか勝負」と話していました。

その言葉に宿る、青春感や絶対的な若さに、少しセンチメンタルな気持ちになったり、すっかり若さが抜けた自分を案じたり。

この時期は、多くの学生にとって、恋人だけではなく、期末試験が大きな壁となります。試験の点数を競うことも多いでしょう。どれだけ勉強しなかったかを競ったり、なんてした人も?


生活やちょっとしたシーンに、「バトル」を取り込むことは、その行為やイベントを楽しくする装置ですよね。

何かとバトルが勃発しそうなこの時期に、対決をテーマにしたCMをみていきましょう。

ホントに都会じゃなきゃダメ?~サラリーマン編~ (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 59,924
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
東京 vs 田舎。ここのところ、よく起こる移住論です。サラリーマンの目線から、東京と田舎を語ります。その自然な語り口の中には、暮らしのヒントがあるかもしれません。

“違い”として語られることが多いのが、人口密度、コスト、自然、イベントです。が、街路や大きな公園など、東京にも自然はたくさんあります。

その場にいることがまだ重要になっているイベントが多く、面白い東京。テクノロジーの発展で、その場にいなくてもその場にいるのと近しい体験が得られるようになりそうです。また、働き方が柔軟になれば、いまの交通渋滞は緩和していきそうでもあるので、東京の嫌な部分が減ってくる可能性も。


多様な選択肢が提示され、使用することが出来るようになったとき、人はどう行動するのでしょうか。


いまの自分の生活、理想のライフスタイル、テクノロジーや行政の動きによる、働き方や街の変化。考えさせられるバトルCMです。

PANTENE(パンテーン)[TVCM] バージンヘア対決 綾瀬はるかさん篇 30秒

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
パーマやカラーを繰り返した大人のヘアーと、何も施したことがないバージンヘアーの対決。このVSが拮抗してくることは、多くの人に安心や選択肢をもたらすことになるでしょう。

もっと、技術レベルでこのVSが拮抗すること、そして優劣ではなく、良さの違いとして語られることが当然になってくる世の中が待ち遠しいですね。


最後は、純粋な勝負モノ。

LEXUS IS TVCM “Undokai” 60sec.

  • 広告主
    • トヨタ
  • サービス
    • レクサス
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
トヨタのレクサスを用いて、運動会を決行。実際に行うのは危険が伴うとしても、楽しそうって思ってしまいます。

最後の種目が、車を降りて、パン食い競争っていうところが良い意味で拍子抜けします。バトルの後は、美味しい食事で同じ時間を共にするという流れはいいですね。


バトルは、単純に興奮材料になる一方で、考えさせる軸にもなることを改めて実感しました。そして、バトルという文脈ではなく、違いとしての文脈になることが成熟した世界かもしれない、ということも。でも、やっぱり対決モノは嫌いになれそうにありません……。

執筆者:

ビスコチ

2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る