ウェブマガジン CM Funコラム

ホタルになった、父親。

saburo

とても不思議なCMを見つけてしまったので、特にテーマはないのだがご紹介させていただこう。
2016年3月に、タイのパタヤというところで開催していた「アドフェスト2016」、その中のフィルム部門で見事グランデ(最高賞、グランプリ)を獲得した作品である。
このCMの主人公は、ある家族の父親。正直にいって、私は初めて見るとき「また家族の感動モノか…」と少し冷めた目になってしまっていた。だがしかし、そんな目は、すぐに驚きと好奇心の目となるのだ。
とにもかくにも、まずはご覧いただこう。こちらがその、衝撃の作品である。

OCEDEL LED TVCM (詳細)

  • 広告主
    • インディペンデントインキュベータ
  • サービス
  • ビュアー
    • 15,139
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
まさかの、ホタルへの変身。

いやー、これは度肝を抜かれましたよね。貧乏で電気代もままならない家族のために、森の中に入る父親。
なんだこれは、自殺でもして保険金を残すとかいうストーリーなのか!と思わせておいて、5年後に帰ってくる。ホタルとなって。


もう際どいんですよね。たぶんやりすぎの一歩手前なんですよ。
突拍子もない発想をやるってなかなか難しくて、やりすぎちゃうとそれは本当に意味わかんないものなんですよね。
これだって、父親がホタルになるとか意味わかんないじゃないですか。けどそこはしっかりバックグラウンドがあって、しかもそれが商品の説明にもしっりと結びついている。映像だって過度に明るくせずに、父親ホタルの光を強調するために暗めに設定してある。なんとなく、際どい所にアイデアを投げておいて、そのあと全力で絶妙に合わせていく感覚を受けましたね。


最近、「なんで金だしてこんなの作ってるんだ」って言いたくなっちゃ程のつまらないCMって少なくなってきていると思うんです。
というより、なにかしらの工夫をしてくるCMが多くなってきて相対的にそう思うのでしょうかね。
なにか一ひねりをしてくる、そんなCMが多いです。けれども、そのひねりがちゃんと意味のあるものになっているのか。
いやこんな上から目線でいえる立場でも全然ないんですけど、なんとなくちょっとズレちゃっている、行きすぎちゃっているCMたちも多いと思うんですよね。見ている人が、これはやられた!これはうまい!と思う絶妙のところに、球は投げられているのかと。
このCMは久々に、体スレッスレのところに来ました。やられたーーーーと思いましたね。


…と熱く語ってはいますが、友達に見せたところ、イマイチいい感触は得られませんでした。
皆様はどうでしょうか、アウトでしょうか、セーフでしょうか。どこがアウトなのでしょうか、どこがギリギリなのでしょうか。こういったことをぜひぜひ教えていただきたいです。ちなみに、帰ってきた父親が「ゴキ○リ」に見えたという指摘はもういただいたので、大丈夫です。


さて、あんまり刺さらない人達用に一応もう一つ置いときますね。

Dove Men+Care shares your first fatherhood moments this Father’s Day (詳細)

  • 広告主
    • Dove
  • サービス
  • ビュアー
    • 17,727,696
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
それでは今日はこの辺で。

執筆者:

saburo

( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。 そんな某国立大学に通うインターン生。 何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。 瞬く間にCMジャンキーに。 プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。 国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る