ウェブマガジン CM Funコラム

薬物で、人間やめますか?

林きょうこ

1983年に日本民放放送連盟が制作した、
麻薬撲滅啓蒙CMをご存じですか?

“覚せい剤やめますか?それとも人間やめますか?”

このインパクトあるコトバ、
CMやポスターが、ものすごく怖かったので、
記憶にしっかりと刻まれています。

「危険ドラッグ」を使ったドライバーが、
歩道につっこんで死傷者を出す事故が相次いだ時も、
芸能人が「覚せい剤使用」で逮捕された時も、
このフレーズが頭を過りました。

どうやらCMのおかげで
薬物=人間おしまい、という考えが刷り込まれているようです。

そんなわけで、今日は、ドラッグにまつわるCMを探してみました。
まずは、千葉県から。

危険ドラッグ乱用防止CM(中尾彬さん) (詳細)

  • 広告主
    • 千葉県健康福祉薬務課
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 15,766
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
この手の撲滅キャンペーンに参加した芸能人って、
その何年後かに逮捕されるパターン、けっこうありましたよね。
中尾さんは大丈夫だ、と信じましょう!


つづいて、岡山県はこんなアニメを制作しています。


【【CMはこちらから】】
企業名:岡山県総合政策局 広聴広報課
みんなのおかやま犬
みんなのおかやま犬 〜危険ドラッグも ダメ。ゼッタイ。〜 篇


なんだか軽めなサル・犬・キジですが、
身近に危険があることを伝えてくれています。


最後に、かなり話題となった作品です。

危険ドラッグの本当の恐さ (詳細)

  • 広告主
    • 神奈川県庁
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 320,666
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
神奈川県、よくやった!と思わず叫びました。
私のイチオシです。

こんなにも恐ろしく、危険ドラッグの怖さを伝えてくれるなんて!
昨今、まれにみる「恐怖訴求」。

だって、これ観たあとに、ドラッグに手を出しますか?
とてもとても私には、そんな勇気ありません。
時には、恐怖でひとを抑えつけてもいいの思うのです。
命にかかわるようなことだったら。

たとえば、衝撃的な写真が載っている海外のタバコパッケージ。
吸うことによる害を伝えるためには、効果テキメンでしょう。
カラダに悪いからやめたら、と言うより、
よっぽどこころに響くってものです。

昔は、政府広報やACなど、恐怖訴求CMがたくさんあったけど、
ほんっと観なくなりましたよね。
おそらく、「怖すぎる」という視聴者からの批判により、
自粛したのでしょう。
そして、いつの間に消えてしまった…。

そう考えると、TVの世界には、どうしても限界があるってこと。
逆にweb上でなら、挑戦できる。
だからこそ、この作品が誕生したんでしょうね。

本気で薬物撲滅を願うなら、なまぬるい映像なんて作らず、
クレームが殺到したとしても、広告主も制作人も戦うべし!!
だからこそ、神奈川県の強い意志を感じます。

安易に薬物に手を出すひとをひとりでも減らすため、
パンチ力のあるCMがもっと増えたら、
もうすこし良い世の中になるかもしれませんね。

今日は、珍しくマジメに考えていたせいか、グッタリ…。
すっかり疲れてしまったので、「クスリ」ではなく、
アリナミンでも飲みながら、がんばろっと(笑)。

執筆者:

林きょうこ

1981年神奈川生まれ、大阪在住歴なんと15年目。 すっかり関西化している岡田直也事務所のコピーライターです。 ただいま、おひとりさま生活謳歌中、独身子なしの30代。 絶賛花ムコ募集中!将来、宝くじを当てることを夢見ながらも CMFun編集長・岡田のもと、笑いのたえない明るい職場で、 楽しみながら、日々仕事に精進しています。 オモシロCMやステキなCM、たっぷりお届けてしてまいります。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る