ウェブマガジン CM Funコラム

今、最もあついナレーションを、
かましてくれる男。

saburo

CMにおいて「ナレーション」とは、これまた言うまでもなく重要な要素です。
落ち着きのある男性の声を使ったり、青春を感じさせる女子高生の声を使ったり。
はたまた有名な声優さんを使ったり、著名な俳優さんを使ったり。
作り手は、それぞれの作品に合わせて、最適なナレーターを選んでいるはずです。

個人的な意見ですが、多くの場合ナレーターは”影”です。
CMにおいて”光”は、出演者であったり、演出(ストーリー)であったり。
セリフに胸が熱くなることはあるけど、「このナレーターがすごい」とまで思わせるCMにはなかなか出会いません。
広い意味での演出の一部として、抑えられている、同化を求められているような気がします。

そういう思いでCMを見ていた私ですが、最近とても気になる人に、いえ、”声”に出会いました。
それがこのCMです、まずはどうぞ。

サムスン Galaxy S7 edge:テレビCM「登場」篇(docomo) 30秒 (詳細)

  • 広告主
    • サムスン
  • サービス
    • Galaxy S7edge
  • ビュアー
    • 326,621
HA
面白い!
好き!
感動!
この声を担当(?)しているのは、ラップグループ「MOROHA」MC担当のアフロさん、という方です。

どうでしょうか、非常に独特な声をされていますよね。
最初は、綺麗な映像ばかりに目が行きますが、途中から妙に声が気になってしまうのです。
そもそもの声質、間の取り方、抑揚…全てが私の心をグッと掴みました。

しかし、ここで疑問。
なぜ、この人、こんな技術を持っているのか。いくら「言葉吐き出すこと」を生業としているラッパーといえども、並のものではない。
そう思い、MOROHAの曲を聞いてみました。(有名なラップグループだそうですが、恥ずかしながら知りませんでしたので…)
そうしたら、謎が解けました。彼らのスタイルが、そもそもこういったエモーショナルな語り部調なのです。
語り部調のラップは、一般的に大ヒットするような曲が出ているスタイルではありません(個人的意見)ので、なかなか知られる機会がないですが、非常に心に響く曲が生み出されるスタイルです。
そういったスタイルで磨かれた、音に(あまり)頼らない技術が、非常に感じられる作品だと思います。

ただ、私がこう思うのは、おそらくこちらの作品の影響も大きいでしょう。

トヨタL&F 立命館大学相撲部コラボムービー(60秒ver.)

  • 広告主
    • トヨタ
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
昨年に公開されたトヨタL&FさんのCMです。
こちらのナレーションもアフロさんがやられています。(コメント欄には別のラッパーの名前が書いてありますが、間違いです)

いかがですか、ヒリヒリしてきませんか。
このCMを初めて見た時(その時はアフロさんだとまったく知りませんでした)、あまりの声の良さにとてもびっくりした覚えがあります。
もちろん映像の効果もあるでしょう、相撲をやる女子大生というストーリーも良いものです、ただ絶対にそれだけではない。そう断言できます。
もしこれがアフロさん以外の声でしたら、私はきっとここまでこのCMを好きにはならなかったでしょう。
アフロさん以外に、最後の「ゆけ…!」をあんなに、見ている人の心をヒリヒリさせるように言えるでしょうか。セリフも良いものですが、完全に声がそれを喰っている非常に珍しいCMだと思います。




ドコモGalaxyのナレーションに起用されて、いっぺんに多くの人の心を掴んだアフロさん。
もともと音楽の方でファンだった方も、「え!これ、まさかアフロさん!?」と多くの方が驚きを隠せないようです。(Twitterで皆さんつぶやいておりました)
私としては、音楽の方も頑張っていただきたい、それに加えてぜひCMの方も…!声に類い稀なる力があることは、もう作り手の方もお気づきになられているかと思います。…ぜひもっとこの声をCMに!

とまあ、最後の方は、誰に向けているかわからない嘆願になってしまいました。
これを読んでくださっている皆様が、この声を気に入って下さると非常に嬉しいです。それでは最後にGalaxyの最新作を、もちろんアフロさんのナレーション付きで。どうぞ。

サムスン Galaxy S7 edge:テレビCM「Phone+」篇 30秒 (詳細)

  • 広告主
    • サムスン
  • サービス
    • Galaxy S7edge
  • ビュアー
    • 25,068
HA
面白い!
好き!
感動!
(執筆者 saburo)

執筆者:

saburo

( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。 そんな某国立大学に通うインターン生。 何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。 瞬く間にCMジャンキーに。 プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。 国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る