ウェブマガジン CM Funコラム

押し寄せる、
テクノロジーの波。

ビスコチ

CMの世界にも、どんどん、新しいテクノロジーが姿を見せては、 見たことのない表現やキャラクターが生まれています。

日本だけではなく、全世界を騒がせたPokemon Go。その技術は一部にとどまっているとはいえ、 AR(拡張現実)という概念と多くの人が出会いました。


ARという言葉とよくセットで並べられるのが、VR(仮想現実)。2016年4月15日から10月10日までの期間限定の施設、『VR ZONE Project i Can in お台場ダイバーシティ』では、VRをデバイスにして、様々なシチュエーションを疑似体験できます。それは、現実ではおそらく大抵の場合、体験不可能なものを”疑似体験”するのに加えて、全く新しい感覚を伴ったVRと触れる。なので、”疑似体験”というよりも、それ自体が刺激をもたらす、楽しい体験です。


そのVRは、360°動画として、360°を範囲としたカメラを使うことで映像の世界でも続々と頭角を現してきています。

この360°動画の醍醐味をふんだんに味わうならば、Oculus Riftをはじめとした、専用装置が必要になります。しかし、パソコンやスマホのスクリーンで360°の視点を持っているかのような映像体験は、YouTubeで可能になっています(今までの映像視聴は、言うなれば180°でしょうか)。

つまり、画面をドラッグするすることで、自由自在に視点を変えることができます。言葉で説明するよりも、実際に体験してもらう方が、何よりの特効薬。こちらです。

『360°双子ダンス』 まこみな×エッセルスーパーカップ WEB限定ムービー | 360°twins Dance Video by high school girls (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
動画投稿アプリ『MixChannel』(ミクチャ)に投稿した“双子ダンス”で話題になった「まこみな」が出演。高校を舞台に、360°動画が始まります。
※スマートフォンやタブレット端末など、Android、iOSでご覧の方は、YouTubeのアプリから、PCの方はGoogle Chromeで閲覧してください。


まず、廊下から。まこみなが画面いっぱいに現れますが、自由にドラッグできるので、足元まで確認できます。

他の生徒も向こう側から廊下を駆け抜けてきます。過ぎ去った後も、ドッラグすることで、彼ら、彼女らの姿が見えます。もちろん、このあいだは「まこみな」の姿は、見えなくなってしまいます。

といった具合に、360°動画が楽しめます。最後の「まこみな」がスーパーカップを「あーん」と食べ合うシーンなんかは、360°ならではの表現でしょう。


次も、360度カメラを使用したもの。”3D”のデジタル版・白戸家お父さんが登場。

【WEB限定】ソフトバンク CM 白戸家「3Dお父さん登場」篇(60秒)

  • 広告主
    • ソフトバンク
  • サービス
    • Xperia
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
題して、「Xperiaを使い、光る3Dお父さんを再現させるプロジェクト」。そのプロセスから観れるので、あたらしい表現が成り立つ瞬間を垣間見ることができます。

この技術がさらに高精度にできるようになれば、いずれは、今までイメージの世界にとどまっていたあのキャラクターと役者やタレントが、リアリティを持って共演することになりそうです。

Pokemon GoのARモードで、ユーザーが、好きなポケモンたちと一緒に自撮りをしているのは、物質(人間)と実質・イメージ(ポケモン)が”共演”する、ということの片鱗だと思います。


「どう表現するか」だけではなくて、「どういうテクノロジーを使うか」という新しい軸がCMに生まれてきており、制作する方達の嬉しい( ?)悩みは増えますね。私たちも、思ってもいなかった表現や共演に"CM"で出会うことも増えてくると、嬉しいです。

執筆者:

ビスコチ

2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る