ウェブマガジン CM Funコラム

史上最高に笑える、
新しすぎる「スーパー桃太郎」!

saburo

最近、CM界で最も人気者なのが、
疑うこともなく「桃太郎」でしょうね。

私も幼いころ、寝るときには
枕もとで桃太郎の話を聞くことが多かったです。 
川から流れてきて、桃の中から出てきた勇者。
きびだんこと引き換えに犬、サル、きじを仲間にして鬼退治に向かいます。
見事勝利をして、金銀財宝を手に入れ、みんな幸せに。ちゃんちゃん。 

しかし、最近、新しい桃太郎といいますか、
ネオ桃太郎といいますか。
多くのかたが既にテレビなどで見ていると思いますが、
最近CMで旧来の桃太郎のストーリーにとらわれない演出が誕生しています。

いずれも豪華であったり、斬新であったり、ほんわかしたり。
今回はついに、めちゃくちゃ、めちゃくちゃ面白い桃太郎が出現です。

それがこちらです。

【公式】NEXUSプレゼンツ「スーパー桃太郎」 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
まさかの漫画界の超大御所「水木プロダクション」さんが、
画を担当されています。
しかも、若本規夫さん、緑川光さん、小野大輔さんといった、
知る人ぞ知る有名声優さんが、勢ぞろい。アッキーナも上手ですね! 

設定が、ほかに二人の主役がいたり、
なんか無駄にイケメン&演出が映画並み、
もしくは地方になじみすぎている桃太郎ではなく。
ストーリーは原作に忠実でありつつも、
ちょっとしたところで笑わせに来ています。
キラキラネームなどの時事ネタも盛り込んで。

一方、画のほうも、もともと濃い画風の水木プロダクションがやることで、
非常にパワーのあるものになっています。
内容がふざけているのに、画がしっかりとしていて、
負けてない、それどころか補強してくれているような気がします。

ちなみに、音楽はボーカロイド界(初音ミクの生まれ場所)での実力者である、
40mPさんが担当しています。最後に流れておりますが、最後はかなり童話っぽく
明るい雰囲気で終わっておりばっちしですね。


他業種にわたった大物実力者たちを起用した作品ですが、
いかがでしたでしょうか。 
正直、今までの桃太郎モノの中でも、
トップを争う出来だったのではないかと思っています。
皆さんのご感想お待ちしています!

(ちなみにNEXUSは某スマホではないので、ご注意を。)

執筆者:

saburo

( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。 そんな某国立大学に通うインターン生。 何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。 瞬く間にCMジャンキーに。 プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。 国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る