ウェブマガジン CM Funコラム

論破に、気をつけよう。

ビスコチ

論破。やや丁寧な言い方をすれば、論理的な主張によって相手の主張を突破する、でしょうか。

この行為は、「諸刃の剣」なり得るでもあります。最近問題として(やっと)浮き彫りになっている長時間労働問題の現場では、とにかく”論破”、論理的に追い詰められているようなシーンが、おそらくはたくさんあるのでしょう。

何せ、一見正しさのようなものが伺えるからこそ、言いくるめられると、半ば諦めるのか、感覚が狂って信じ込んでしまうのか……。

少し暗い話題で始まりましたが、論破を試みている、可笑しなCMたちを。

まず一つ目は、フリーマーケットの場で。

Fablic 2016年フリル新CM_手数料編30秒ver. (詳細)

  • 広告主
    • Fablic
  • サービス
    • フリル
  • ビュアー
    • 50,365
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
論破の当事者は、山田孝之さん。悪い顔していますね〜(笑)。”お金”に関する介入の様は、『闇金ウシジマくん』シリーズですっかり板についています。上映中の『闇金ウシジマくん Part3』、観たくなりました。

突然割り込んで、”お金の受け渡し”だけを行い、販売手数料を強引に差し引いた山田さん。怪訝な表情で見るお客さんに対しての返しから、論破が始まります。と言っても、お客さんは黙っているだけですが……。

それもそのはず。その時の山田さん、顔が怖い……。

論理で勝とうとせず、その行為をまずは制止し、逃げるが勝ちですね。

理詰め戦法は、恋愛のような色恋の場でも、よくつかわれてい……?

野菜と吉田 白菜篇【ミツカン公式】 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 864,653
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
こちらは、吉田さんによる「白菜」を口説く映像。感情を込めて、白菜の魅力を語りだす吉田さん。最後は、勢いが勝っている気もしますが……。

「地獄への道は善人でできている」。このような言葉を最近、漫画か、インターネットで目撃しました。何でもかんでも、「正しいこと=善いこと」だと変換してしまったら、その中には人知れず”毒”があるかもしれません。

その正しさに打ち勝つ主張・考えがないから、追い詰められていく感覚に我慢できず受け入れてしまった、自分が悪いのだと信じ込んでしまった……、論破の怖さの1つは”考えられなくなること”です。

いつぞや、論破する側・される側の立っているか、わかりません。論理的に考えること、説明することはかなり重要ですが、「破」はつかないよう・されないようにすることは、健全に生きて行く”スキル”として大事かもしれません。

執筆者:

ビスコチ

2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る