ウェブマガジン CM Funコラム

そんな装われたら、わからないよ。

ビスコチ

この10月の最終週末は、都内の繁華街でハロウィンが盛り上がっています。

私はラジオが好きなので、番組中にナビゲーターがハロウィンについて喋ったり、「こんなコスプレは嫌だ」という大喜利的なメッセージをリスナーから募集しているのを聴いて、ハロウィンの足音を感じます。

何に変身したら面白いか被らないか、身体のどこの部分は被り物にして、どこを装飾、化粧するか。けっこうな労力だし、考えを巡らせる、その主体性も楽しさにつながっているのでしょう。

コスプレとは言わずとも、装う、化粧をするという点では、男性が女性っぽくおめかし、または女性がボーイッシュになんてことは、もう当然のようにあります。きっと、どちらがどっちだか判別がつかないほどの格好が町に増えたら、その世の中はきっと自由だし、また社会の見え方も変わるのでしょう。

High School Girl? メーク女子高生のヒミツ (The Secret of High School Girls) (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 10,094,765
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
資生堂の話題を生んだ映像。メイクアップした男子たちは、みなさん美形ですが、テクニックさえ覚えれば、装える可能性があることを証明しています。

このようなことにも驚かなくなる日も来るのでしょう。


さて、ハロウィンについては賛否両論ありますが、個人的には賛成の立場です。といっても、参加しているわけではありません。

でも、知らない人に話しかけることが苦手、人前で思い切ったことをするのが出来ないといったシャイな傾向のある日本人が、あんなにもその殻を破っていることって、すごいことだと思うからです。そりゃあ、素でもそう出来るに越したことがないですが、きっと本人に罪はないし環境的な要因が大きいので、何でもかんでも努力でどうにかするというマッチョニズムな考え方よりも、特性に合わせて仕組みや環境づくりをする方が大事だと、そう感じます。

それを証明しているのがハロウィンであり、このCM、かもしれません。

平手友梨奈(欅坂46)主演 キシリトール「キシリトールガムを食べると 短髪の爽やかイケメンに生まれ変わる平手友梨奈。「どんだけ爽やか!?」」つぶやきCMグランプリ (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
常時表示されているかの画像では、男性か女性か、わからない人もいるのではないでしょうか。キシリトールを食べて、爽やかイケメンに変身したのは、欅坂46の平手友梨奈さん。

もちろん演出上の話ですが、たしかにキシリトールを食べるくらい気軽に装える環境は整っている気がします。プリクラをはじめ、画像加工アプリからデジタル式のものもあり、めいくどうくあもいいものが安価に手に入りやすくなっています。


そして、やっぱり大切なのが、本来の力、あるいは自信を持ってアクションを起こせるようになること、映像中の平手…くんは、バスケで無双しています。化粧や装うことには、そんな力が宿っているというのを改めて実感します。服装1つとっても、そんな効果は感じますもんね。


日本という国だからこそ、化粧すること、あるいは装うことにもっと寛容になって欲しいですね。

執筆者:

ビスコチ

2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る