ウェブマガジン CM Funコラム

日清カレーメシが、
驚きを"丁寧にドリップ”します。

ビスコチ

2016年11月2日、JR渋谷駅・山手線のホーム(内回り)にオープンした「DRIP CURRYMESHI TOKYO」。

一瞬、字面に戸惑いますが、「ドリップ カレーメシ トーキョー」……つまり、日清の「DRIP CURRYMESHI」のお店が新しくオープンしたのです。

……ちょっと情報のパンチが2段階で来てしまっていますよね。それでは、まず「DRIP CURRYMESHI」について、じっくり見ていきましょう。

日清カレーメシ DRIP CURRYMESHI【ドリカレ】 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 日清カレーメシ DRIP CURRYMESHI
  • ビュアー
    • 4,432
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
まるで、お洒落で美味しい朝食を紹介しているかのような、そして、自家焙煎のコーヒーを淹れているかのような雰囲気……いや、雰囲気だけでありません。本当に、ドリップしています。

カレーメシをテーブルに置き、上にドリッパーを設置。そのドリッパーにはドリップしたい「フレーバー」を。ここで紹介されている「フレーバー」は、ドリップの代表的存在の「コーヒー」をはじめ、「ガーリック」、「かつお節」など、実に沢山あります。”お洒落さ”の演出のために、それぞれのフレーバーを英語で表記しているのですが、「かつお節」は「DRIED BONITO」と称されているんですね(豆知識)。

そして、”ていねい”に抽出。”心穏やかに”待って、”無駄に”よくかき混ぜると、出来上がり。


『暮らしの手帖』『くらしの基本』のような、『POPYE』のような、街角のお洒落なカフェのモーニング時間のような……そんな雰囲気を漂わせてくるから、もうとても美味しそう。

また、その色合いの空間に、奇抜で原色が強い「カレーメシ」のデザインが見事に映えています。まるで自分たちも、いわゆる”丁寧なくらし”に似合う、入っていけるぞ、とでも主張するような。あるいは、”丁寧”に向き合えば、なんでも”丁寧”になるだろうといった皮肉なのか……。

もとい、クリエーティブの表現だけだったら、皮肉だったかもしれません。しかし、お店をオープンしてしまうんですから、本気で”丁寧なくらし”としての「カレーメシ」をつくりあげていっているのでしょう。


以下、お店の情報です。

DRIP CURRYMESHI TOKYO
【場所】JR山手線・渋谷駅内回りホーム
【営業時間】10:00〜22:00(ラストオーダー:21:30)
【メニュー】「ビーフ」「シーフード」「スパイシーチキン」の3種類のカレーメシを用意。フレーバーには、「唐辛子」「ガーリック」「ジャスミン茶」「かつお節」「コーヒー」「アップル紅茶」「メープルシュガー」を揃えており、組み合わせの妙を楽しめる。
【価格】290円

白を基調としたお洒落な空間と、カレーメシのロゴやパッケージの存在感がいい塩梅です。


と、まるでヘルシーで美味しいご飯や健康的なドリンクを楽しめるお店を紹介してきたかのようですが、ちょっと待ったと言いたい。今まであんな破天荒だったのに、あれだけみていて混乱したのに、さすがにザ・カレーメシの世界観を忘れるわけがありません……ここで、一度観ておきましょう。

日清カレーメシCM「生まれ変わったカレーメシ篇」45秒 / 大澄賢也 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
と、かなりのギャップを感じられます。

ただ、言葉だけではなく、ここまで振り幅のある世界観を実際に具体化してしまうあたり、”破天候”であるし、その時いいと思ったものをその都度作り上げていく様は、現代的、インターネット的であるし、いい姿だと思います。

満島ひかりさんの、かつてのこんな言葉を思い出しました。

「お客さんにつかまらないように逃げたい」

つまり、満島ひかり=○○といった、代名詞のようもので固定されたくない。イメージを確立したいくない。それによって、いつもドキドキさせたい、といった想いが表れているのでしょう。

たしかに、予想外の行動をされたり、振り回されると、なぜかその存在が気になるし、恋愛のシーンでは好意を抱いてしまったり、ということも……。

そして、何より、「飽きさせない」、の一言に尽きます。カレーメシの腹の底にグツグツと煮えているものの正体像ははっきりつかめないですが、そこには”アツい”ものがありそうです。

執筆者:

ビスコチ

2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る