ウェブマガジン CM Funコラム

愛された分だけ、愛そう。

林きょうこ

いつも心配してくれて、味方になってくれる。
たとえ遠く離れていても、毎日想ってくれる。
なんの見返りも求めず、大切にしてくれる。


親って、本当にありがたい存在ですよね。
もしかして世界でいちばん愛情を注いでくれる、唯一のひとかもしれません。
それなのに、いちばん後回しにしがちなひとだったりします。


先日、PCで無料動画を楽しんでいたところ、こんなCMが…。
スキップ機能があるにも関わらず、最後までがっつり観てしまいました。

親子の時計/Where Does the Time Go? |アクサ生命保険 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ここに映っているのは、まさに私だと。
反省ですよ、反省。


仕事やプライベートにかまけて、ついつい。
それも言い訳なのですが、
きっと心のどこかで、どんなことがあっても裏切られないこと、
許してくれること、愛してくれることを知っているから、
甘えているんでしょうね。


とはいえ、普通に生きていければ、
両親は私より先に天に召されるわけで、
一緒に過ごせる時間は、実はものすごく短いかもしれない。


実際、一人暮らしの私は、
実家に帰るのなんて年に1回ぐらいなもんで。
用がない限り、電話やメールもしなかったり。
しかも、心配して電話してくれる両親を冷たくあしらったり…。
ひどい娘です、ほんっと。
このままじゃ、“20年間で3時間”になってしまうのかもです。




私と同じように反省した方に、ぜひ観てもらいたいweb動画があります。

トヨタ ウェルキャブスペシャルムービー「親子に同じ質問をしてみた」篇(ポルテ) (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
“親が愛してくれたように、あなたは親を想っていますか?”


このムービー、ドキュメンタリーだからこそ、
リアルで胸に刺さります。
親の子どもに対する想いの強さが伝わってきました。


“愛されている分だけ、やさしさで返そう。”


ほんっとその通りです。
なんの親孝行もできてない私ですが、
これからはもう少し、こまめに連絡しよっと。


ぜひみなさんも、親を大切に。
最後にいつ話したのか憶えてない方は、電話してみませんか?
って、大きなお世話ですね、すみません。

執筆者:

林きょうこ

1981年神奈川生まれ、大阪在住歴なんと15年目。 すっかり関西化している岡田直也事務所のコピーライターです。 ただいま、おひとりさま生活謳歌中、独身子なしの30代。 絶賛花ムコ募集中!将来、宝くじを当てることを夢見ながらも CMFun編集長・岡田のもと、笑いのたえない明るい職場で、 楽しみながら、日々仕事に精進しています。 オモシロCMやステキなCM、たっぷりお届けてしてまいります。

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る