ウェブマガジン CM Funコラム

覚悟は、頭でしめす。

saburo

これほどまでに、追体験できてしまうCMが現れるとは。
今回、ご紹介するのは「カロリーメイト」の新CM。
先月末に公開されましたが、今では40万回再生を越しております。

ある少年の、受験のお話です。
なにはともかく、まずはご覧ください。

カロリーメイトCM|「夢の背中」篇 120秒 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
同級生が、志望校に受かる中、
残念ながら落ちてしまった彼。
落ち込む彼は、何を思ったのか床屋で丸刈りに。
そこから、不安に押しつぶされそうになりながらも、
自力で乗り越える姿が描かれています。

実は、わたくし、これと全く同じことをしておりました。
現役として受けた受験で、情けなくも落ちまして、
その二日後に誰にも相談せずに近所の床屋で
「丸めてください」と頼みました。
仕事から帰ってきた両親に非常に驚かれた覚えがあります。

浪人生として通った塾でも、丸坊主は一人だけ。
初めて会った人たちに、
「なんで丸坊主?野球部だったの?」と毎回聞かれ、
「いや、落ちたから、丸めた」と答えると、
例外なくちょっと引かれたのも、今となってはいい思い出です。

僕が丸坊主にした理由は、
一つは、「失敗した自分を見せしめにする」こと。
同級生でも僕と同じ志望校に合格した人はいましたから、
僕にできなかったことはなかったはず。
なまけた自分、甘えた自分を、罰したかった。
「市中引き回しの刑」みたいな感じですかね。

次に、「外見を気にするという邪念を捨てる」こと。
髪型…思春期の自分にとっては、重要なものでした。
毎日頑張っておりました。ただ、この浪人期だけは、
がんばるのはそこではない、と思いました。


そして、「新しい自分になるという覚悟を示す」こと。
(見せしめをして邪念を捨てて、)絶対に今度は負けない。
そんな覚悟を示すためにも、丸坊主は適任でした。
なぜでしょうね、親や祖父母に教わったわけでもなく、
そういった風に思いました。

(けれども、今思うと、
某アイドルグループが丸坊主にしたり、
某元IT企業社長が麻雀で負けて丸坊主にしたり、と
反省や罰ゲームで行われておりますね…)


きっと、このCMの彼も、同じ気持ちだったのだと思います。
情けない自分に憤慨し、
悔しい、受かりたい。
そんな気持ちが、不思議と彼を床屋へと運んだのでしょう。
きっと、落ちて丸坊主にした人、そんな多くないと思います。
ですので、彼の気持ちが非常にわかります。

今日は、ちょっと昔話になってしまいましたが、
こんな風に過去の体験を追体験できるCMが
やっぱり心に響くいいCMの一つだと思います。
皆様の追体験CMもぜひ教えてくださいませ。
それでは今日はこのへんで!
執筆者:saburo( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。
そんな某国立大学に通うインターン生。
何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。
瞬く間にCMジャンキーに。
プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。
国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!
(CMFunを卒業しました!)

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る