ウェブマガジン CM Funコラム

最後の瞬間が、
心地よすぎるCMたち。

saburo

まさかの展開。
衝撃のラスト。
最後の一秒まで目が離せない。
小さい時からミステリー小説ばかり読んでいたからか、
CMでも最後に驚かせてくれるものが大好きです。
(ちなみに一番好きな小説は、綾辻行人さんの「十角館の殺人」)

今回は、そんな最後にちょっと驚く、
もしくは謎が解ける、そんなCMを3つご紹介します。
どれも結構有名、といえば有名ですが、
ぜひご覧ください。

【TOYOTA DOG サークル】Web限定動画『Smile Again』

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
まずは、この名作。
トヨタさんから、飼い主と犬の物語CMです。

落ち込む「タロウ」を励ます声。
妻を亡くした男性が、愛犬に語り掛けているように思えます…
しかし、物語が進んでいくと…ちょっと違った展開に。

初めて見たとき、ゾワワワと来てしまいました。
2分かけて伏線を張り続けて、たった一言で、
それをすべて回収する。
「十角館の殺人」でも、実は同じような展開でした。
最後らへんの一言で、すべての謎が解けるのです。
(まぁ、推理小説なんて大体そんな感じですが笑)
あの時の感動に似たものを、このCMからは感じましたね。

お次は、最近の軽ーいもの。

Xperia™ Ear 「TWOURIST〜ふたり旅〜」 (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!
ソニーさんからですね。
Xperia Earとは、公式HPによると
「耳元に装着して、ハンズフリーで
コミュニケーションができる新しいスマートプロダクト」で、
「Xperia Earに搭載されているアシスタント」を使って
様々なことが簡単に出来るようになるようです。

「あー、一人旅には便利そうだな」と思ってみていると、
最後のワンカットで、「さすが遊び心のソニーさんや!」となります。

最後は、驚きの発想CMです…。

銀のさら公式CM【オーディション篇(75秒)】 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
途中まで、なんだこりゃという感じなのですが、
最後の一言で「な、なるほど!」となる最高のCM。
これを考えた人はもう最高に楽しい人だと思いますね。

ちなみに、小林市のCMももちろんこういう系の名作ですよね。
もっともっと最後の瞬間で落としてくるCM増えてほしいですね。
ただやっぱり15秒や、30秒ではなかなか…。
伏線を張る時間がありません。

やっぱりこれは、WEB動画の時代となったこれからは、
増えていくこと間違いないだと、勝手に思っております。
執筆者:saburo( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。
そんな某国立大学に通うインターン生。
何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。
瞬く間にCMジャンキーに。
プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。
国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!
(CMFunを卒業しました!)

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る