ウェブマガジン CM Funコラム

あの頃に帰るCM。

山本貴代

先日、50代60代の男女と話していたときに、「どんなCMが心に残っているか」という話題になりました。なんにも映像を見ないで突然聞かれたとき、そうとう印象に残っているものが思い出されると思いますが、みなさんはどんなCMを思い浮かべますか。

あがってきたのは、懐かしのCMから最新のものまでありました。特におじさんおばさんの心に残っていたのは、80年代~90年代のCMたち。サントリーのペンギンズバー、JR東海のシンデレラエキスプレス、明治生命の「言葉にできない」などなど。聖子ちゃん、山下達郎、小田和正の歌声とともに映像が蘇り、「あの頃の自分へ戻るんだよね」と言います。確かに小田さんの歌声は、映像に涙を誘いました。シンデレラエキスプレスは、おばさんになった今も、あの頃の自分を重ねたりして。

大原麗子さんが出ていたサントリーレッド・オールド「少し愛して、長く愛して」もおじさんたちは大好きでした。今から30年も前のCMですが、「その声の感じまで覚えている」といいます。「また見たい」そうです。随分、多くの男性を魅了したことでしょう。CMって、トレイタイムなどとも言われていましたが、いえいえ、タイムマシン。結構心に残っていて、すーっとあの頃に戻す力がある。すごいなとみんなの話を聞いていて思いました。


もちろん、おじさんおばさんは、面白いCM、テンポいいCMも大好きです。
ソフトバンクやAUのCMは、「飽きる前に変わるからいい」そうです。「みていて面白い」のがよくて、「つじつまはあわなくていい」そうです。

でも、心に響くのは、静かな映像の中にメッセージが込められたCMのようです。

ダイワハウス 【TVCM】故郷2016篇(60秒) (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ユーミンのうた声とともに、自分があの頃に戻ってしまうのでしょう。やはりタイムマシンCMは人気です。

音楽と映像で見せるCMは、「どうして台詞がないのかしら」などとつい家事をする手をとめ、テレビに近づいてしまうとか。忙しい主婦は、特に耳でCMを捉えているのかもしれません。一本の映画を観ているようなこのシリーズも人気でした。

YKK ap 【YKK AP公式】 2016 窓と猫の物語 「誕生日の夜」篇 60秒 "Birthday night" CM (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ホンダ ヴェゼルのCMを「映像と音楽が最高」とあげたおじさんもいました。

ホンダ VEZEL「世界ヴェゼル」篇 30秒 CM

HA
面白い!
好き!
感動!
にぎやかなCM、静かなCM、ホッとするCM・・・
今年、あなたの心を捉えたのはどんなCMでしたか。
執筆者:山本貴代
女性生活アナリスト・「女の欲望ラボ」代表。専門分野は女性
の欲望・心理・行動研究 。アジア9カ国の女性もネットワーク
し、活動領域を広げている。仕事内容は執筆、講演、コンサル、
コピー書き、新商品開発など。連載:プレジデントオンライン、
東洋経済オンライン、カンパサール、エキシューマー等。
著書:女子と出産(日本経済新聞出版社)、晩嬢という生き方
(プレジデント)他多数。座右の銘:人生万事塞翁が馬。

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る