ウェブマガジン CM Funコラム

愛すべき、バカまじめ。

saburo

何気なくテレビを見ていたら、くすりと笑えるCMがありました。
久々に「まじめなやつだなあ(笑)」となってしまいました。
こんな世の中です、なかなか真面目一本のやつには出会いません。
小学校の時とかは、かたくなに真面目くんとかいましたけど
年を取るにつれてちょっとずつ妥協を覚えてしまいます。
さて、そんな真面目について思い知らせてくれたのはこのCMでした。

「試験で1UP 本人の証言」篇

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
いつのまにか結構長寿なシリーズになりつつある「1UP」です。
今回は主人公上田が英語の試験を受ける場面。
上手くできていたのに、まさかの名前記入ミス!
小学校の時、名前は忘れるので最初に書きましょう!と
言われてるはずなのに…(笑)
試験が終わった瞬間に気づくも、何も言わずそのまま。
これはねえ…真面目です。

しかも、不正はまぁダメですけど
試験官に名前書き忘れましたとも言わない。
自分のミスは潔く受け入れる、うーむ、まじめです。
というか、「上田一はすぐかけるんですけどねえ」という言葉が面白い。
確かにすぐ書ける!けどそんなこと頭によぎっていたのかい(笑)と。

あ、名前書き忘れた!おれの名前ならすぐかける…!
いやでも駄目だ。

という葛藤があったんでしょうねえ。
くすりと笑える真面目CMでした。
馬鹿がつくほど真面目で有名なのはこちらのCM.

HA
面白い!
好き!
感動!
やっぱりゆうちょ。
松本さんを起用したのが、にくいですね。
テレビで見る限りどう見ても馬鹿真面目には見えなさそうな松本さん。
けれども顔が結構ガンコ顔なので、引き締めていると
かなーり真面目顔に。ガタイもいいのでぴったりです。

周りにもここまで馬鹿真面目な人は少なくなりました。
ちょっとずつ自分のルールを変えて、周りにあわせたり。
他の人がやっているんだからいいだろうとか思ってしまったり。
人それぞれいいとこありますけど、やっぱりバカまじめ、好きです。
融通聞かない面もあるっちゃありますけど、
それでもたぶん愛されると思うんですよね、自分のルールを持っている人って。
愛されるバカまじめ。目指していきたいと思います。
執筆者:saburo( さぶろー )
場所は東京、だけどイメージは西のかなた。
そんな某国立大学に通うインターン生。
何を思ったのか突然サークルを辞めてCM Funに加入。
瞬く間にCMジャンキーに。
プロの執筆陣に混じり、恐縮しつつも奮闘中です。
国内外、新旧問わず、「お!なにこれ」と思ったものをお届けします!
(CMFunを卒業しました!)

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る