ウェブマガジン CM Funコラム

訴求は得意技か?
ソラシドエアで舞い踊る力士。

ビスコチ

「ソラシドエアのCMに登場する力士は誰なんだ」

チャイコフスキーの「白鳥の湖」が流れているソラシドエアのCMを見かけて、このような疑問が自然と生まれました。

なぜ、気になってしまったか。それはあまりにも存在感が大きかったからです。その存在感の大きさの由来は何か、考えました。おそらく、ソラシドエアを紹介するキャラクターとして、“彼”がマッチしていたから。

・・・

ソラシドエア CM 30秒 (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!

際立った相性の良さ


さて、冒頭の方で述べた、このCMと力士の相性の良さについてです。

●力士というフィルター

私たちとは、生活の次元がかなり異なる力士たち。実際の稽古はもちろん、彼らをみて思うのは「私生活が大変そう」ということです。そう思う要因は、「体型」にあります。

「あれだけの筋肉を抱えているので動きづらそうだ」。こう思う人は多いでしょう。実際、土俵での闘いや稽古をみても運動神経は優れています。しかし、一般人がその事実を目の当たりにすると、決まって驚いているイメージがあります。

それほど、力士に対して身動きの取りづらさを感じています。

●CMで踊る力士

対して、力士が登場するこの映像。大きく腕を広げて、バレリーナのように機内を移動し、舞っています。

また、身体をすべて預けるように飛行機のシートにどしっと座っています

ここから覚える印象は、「(このシートは)とても快適そうだ」ということ。やはり、身動きを取りづらい筆頭のキャラクターである力士が快適なら、普通体型の我らはさぞ快適だろうと読み取ります。意識的にも、無意識的にも。

「力士」というある意味過剰なキャラクターだからこそ、より過剰でない一般人の場合はどうなのか、そこへの想像力が強まります。


...にしても、この快適さはちょっと体験してみたくなりますね。ソラシドエアは、九州の地を中心に観光をテーマにした動画も揃えています。観ているだけで、ちょっとした旅行の計画タイムになります。

・・・

ソラシド エア 宮崎県はにわB篇 (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!
ちなみに、力士の訴求パワーに感心する機会はほかのCMにも存在します。

・・・

霧島酒造 本格焼酎 白霧島 本音篇 「電話」 15秒 CM (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!

幸せそうに飲み食いするんです


こちらが微笑ましくなってしまうほどに幸せそうに飲み食いする人っていますよね。そういう意味で、力士はまさに格好のキャラクター。飲料・食料品の広告に力士を起用する手法は、昔から定石です。「霧島酒造 白霧島」のCMには、白鵬が登場。

力士は体型からも、実際の生活からも、「よく飲み食いしている」という印象を受けます。それどころか、「飲み食いすることが好きなんだ」とも思えます。

そんなキャラクターが実際に飲み食いしている姿を観たら、そりゃあこちらの舌やお腹が刺激されます。

まとめ


●力士の正体

ソラシドエアのCMに登場した力士の正体は、役者・声優の嶋田真さんという方でした。本物の力士だと思ったユーザーも多いでしょう。そう思わせるほど力士姿が様になっていました。

これらのCMを観て、力士の訴求パワーの強さを改めて実感。広告表現において、明確に人気者となっても不思議ではありません。

ましてや、日本のアイコンとしても認識されている力士。2020年に向けても、活躍の場は広がるように思います。
執筆者:ビスコチ
2013年、とあるCMの満島ひかりさんの珠玉の表情と映像のパワーにやられた「運命の日」。これを機に、CM(満島ひかりさんにも)のめり込む。都会の喧噪にある大学に通いながら、CMの1コマ1コマに一喜一憂しています。CMの他にも、ラジオ、眼鏡、自転車、漫才、コントが大好き。
(CMFunを卒業しました!)

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る