ウェブマガジン CM Funコラム

コロコロコロコロコロコロ。

東井 崇

札幌の東井です。

事務所には、お菓子を常備しています。
お腹が減って、脳みそが疲れてくると、
思考が完全停止してしまうので・・・。
会社員の時も、デスクの引き出しに
お菓子をしまっていたのですが、
気付くと消えていることがたびたびありました。
推定被害総額は10,000円。

同僚だったサ●ラさん、夜中に勝手に食べたお菓子返してください。
名乗り出ない時は、実名を晒そうかと顧問弁護士と相談しています。
サガ●さん、あなたの良心を信じています。

まあ、半分冗談です(ということは、半分事実です)。

さて、これまで六花亭、もりもとなど、
いくつか北海道のお菓子メーカーのCMを
本コラムで紹介してきました。

今回ご紹介するのは、ホリのCMです。
札幌から旭川へ向かう途中にある砂川市。
そこに本社を構えるお菓子メーカーです。

砂川は、街をあげて
「すながわスイートロード」という名称を打ち出しています。
市内中心部を走る国道12号線沿いを中心に、
18ものお菓子屋さんが出店していることが由来なのですが、
創業100年を越える老舗や、
全国的な知名度を誇るメーカーもあります。

ホリの商品ラインアップで一番有名なのは、
「夕張メロンピュアゼリー」でしょうか。
あとは「とうきびチョコ」。
北海道土産として、道外の人にもお馴染みかもしれません。
3年前のものですが、
ピュアゼリーのお中元用のCMあったので、
あげておきます。

ホリ HORI<夕張メロンピュアゼリー>2014年御中元CM 15秒 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 夕張メロンピュアゼリー
  • ビュアー
    • 2,598
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
で、本題は、そんなホリが出しているおかき
「じゃがいもコロコロ」のCMです。

ホリのじゃがいもコロコロTVCM (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
北海道産のじゃがいもを丸ごとすりつぶし、
もち米と一緒について、焼き上げたお菓子です。

カギとなっているのは、「コロコロ」っていう商品名だと思います。
その語感を活かしてCMソングが作られ、
3兄弟的なキャラクターを登場させて、
「コロコロ」感を強調するような動きをさせています。

お菓子という商品は、コモディティ化が進んでいて、
なかなか差別化が難しい市場。
例えば、昨年ヒットした乳酸菌ショコラのように、
明確な優位性があれば話は早い気がしますが、
そこまでのものがなければ、どうするか。
ナショナルクライアントのお菓子CMなども、
とにかく印象に残し、店頭で想起させることに
主眼を置いているものが多いですよね。
雰囲気とか、気分とかを重視したものというか。

そこと同じ戦い方をするのか、どうか。
地方のお菓子メーカーなりの戦略というものが、
より必要になってきているのではないでしょうか。

そういえば、北海道スイーツのヒット商品って、
最近なんでしょうね。
数年前には生キャラメルが旋風を巻き起こしましたが、
あのレベルでの大ヒットは最近ないのかも。
意外と、北海道外の方から教えられて、
北海道の人気スイーツを知るってことも多いです。

●ガラさん、
今人気のスイーツで返してもらっても、
私は構いません。
執筆者:東井 崇
1977年富山県生まれ。岐阜県出身。札幌在住。
リクルートメディアコミュニケーションズ、電通北海道を経て、
2012年に独立。現在はフリーでコピーライターをやっています。
なんだかんだで広告が好きなようです。
とはいえ、地方なので、広告に限らず仕事の守備範囲は広め。
人生で初めて飼った猫を溺愛する日々です。
www.takashitoi.com

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る