ウェブマガジン CM Funコラム

CMというサービス

東井 崇

札幌の東井です。

先日、札幌コピーライターズクラブ(SCC)の
年に一度の審査会が開催されました。
昨年に引き続き、私も審査員を仰せつかり、
特別審査員である篠原誠さんや国井美果さんと一緒に
審査するという貴重な経験をさせていただきました。

が、例年にもまして、自分が関わった仕事はぜんぜんダメ…。
去年は一番忙しかった気がするのですが、
忙しさにかまけて、クオリティを高められなかった
ということでしょうか…。
でも、そこまで悪いとは思っていなかったんだけどなぁ…。
自分の見る目が落ちてきているのではないかと、
危惧しております。

そんな見る目が落ちてきたコピーライターが
今回紹介するのは、石屋製菓のCMです。
昨年もご紹介したこのシリーズ。
「白い恋人」の石屋製菓が広告主ですが、
中身としては、サッカークラブの
北海道コンサドーレ札幌が主役のCMとなっています。
(ラストに、「白い恋人はコンサドーレを応援しています」と出るくらいです)

コンサドーレファンにとって、
石屋製菓はすっかりお馴染みの存在。
長年に渡ってチームをスポンサードしてくれている以上、
「お菓子買うなら、石屋製菓!」と公言してはばからない
サポーターも多数いると聞いています。

コンサドーレは、今年待望のJ1昇格を果たし、
現在リーグで奮闘中です。
2012年以来、5年ぶりのJ1の舞台。
かなり気合入っています。
そのあたりを踏まえて、CMを御覧ください。
3本まとめた総集編となっています。

【北海道コンサドーレ札幌】白い恋人×コンサドーレ2017「きたぞ!J1」総集篇 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 白い恋人
  • ビュアー
    • 6,986
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
選手たちが出演して、
選手たちのキャラクターにあわせたストーリー。
1本目の荒野選手とか、かなり濃いですよね…。
地面に寝転んでいる顔を見て、
誰かに似ているなと思ったら、思い出しました。
稲中の前野です。
髪型とかも…。
(すいません、すいません)
や、プレースタイルは、めっちゃかっこいいんです。
いや、
プレースタイルも、ですね。
コピーライターとあろうものが、日本語を間違えました。

で、基本的なCMの構成としては、
これまでの「行くぞ!J1」シリーズと同じ路線です。
えてして、すぐに内容を変えられがちな広告の世界ですが、
継続していくことで力を発揮していくタイプのCM
なのではないでしょうか。
きっとサポーターなら、
今年のCMはどんな内容で、誰が出るんだろうか、
とか楽しみにしているはず。
サポーター間の話題にもなりそうです。

勝手な推測ですが、
「この広告は、石屋製菓からサポーターへのサービス」
と位置付けているのかもしれません。
単純に好感度あげたいなら、
もっと一般的に人気の高いタレントを使うとか
色々方法はあると思うのです。
しかし、あくまでコンサドーレが主役のCMを作り続け、
それにサポーターは喜び、企業のファンになってくれる。
そのあたりを長期的に見ているから、
こういう表現ができる、ということではないでしょうか。
ただユニフォームにロゴを出すだけ、ではなく、
マーケティング的に戦略が練られたCMなんだろうなぁ、
と荒野さんの顔を見て考えた次第です。

と、わかったようなことを書きましたが、
見る目がないコピーライターの書くことなんで、
話半分で読んでいただければ幸いです。

(執筆者:東井 崇)
執筆者:東井 崇
1977年富山県生まれ。岐阜県出身。札幌在住。
リクルートメディアコミュニケーションズ、電通北海道を経て、
2012年に独立。現在はフリーでコピーライターをやっています。
なんだかんだで広告が好きなようです。
とはいえ、地方なので、広告に限らず仕事の守備範囲は広め。
人生で初めて飼った猫を溺愛する日々です。
www.takashitoi.com

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る