ウェブマガジン CM Funコラム

北の宿から

東井 崇

札幌の東井です。

ゴールデンウィークが近づいてきました。
貧乏暇無し、しがない自営業者の身としては、
毎年連休中も仕事していたのですが、
今年はちょっと札幌を離れようと計画しています。
行こう行こうと思いつつ、
なかなか行くことのできなかった場所へ向かう予定です。

が、先ほど電話がかかってきました。
え、5月9日提案のコンペ案件?
ありがとうございます。ありがとうございます。
がんばります。

さて、ゴールデンウィークであれば、
北海道も観光客で賑わうことでしょう。
きっとこのグループの宿にお世話になる人も多いはず。
ということで、
今回は、北海道内でホテルや旅館を展開する
野口観光の企業CMをご紹介します。

先日、知り合いと話していた時のことです。
「あの、野口観光のCMって、なんか不思議ですよね〜。謎っていうか」
なんて私が口走ったら、
「あれ、あの倉本聰さんが手がけたCMらしいよ」
と言われました。
すかさず、
「あの、野口観光のCMって、なんか印象的ですよね〜。さすがっていうか」
と私が言い直したのは言うまでもありません。

ホントかなと思って調べてみると、ホントだ。
youtubeのタイトル最後に倉本聰って書いている。
(こんなクレジットの書き方あるのか。斬新)

シリーズで展開されています。
何本か御覧ください。

まずは「パティシエ」編。

野口観光グループ 野口観光【TVCM】パティシエ編 倉本聰 15秒 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 6,116
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
続いて「双子ちゃん アルバム」編

野口観光グループ 野口観光【TVCM】 双子ちゃん アルバム編 倉本聰 15秒 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 3,972
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
そして最後に「窓 妖精」編

野口観光グループ 野口観光【TVCM】窓 妖精編 倉本聰 15秒 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 932
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
これ、OAを見た時に、
良くも悪くもかなり違和感を覚えたことを記憶しています。
それは、CMの一般的なフォーマットから逸脱しているから。
私たち広告業界で生きるコピーライターなり、CMプランナーなりが
教わってきたような作法で作られていないことは明らかでした。
シメに明確なタグラインがないとか、
そもそも広告としてのWhat to sayは何なのかとか、
色々つっこみどころがあるわけです。
たぶん、後輩がこういう企画を持ってきたら、
「う、うーん、もうちょっと分かりやすくしてみようか…」
とか言ってしまいそうです。
良く言えば、かなり想像力をかき立てる内容です。

で、ふと思ったのですが、
このCMの一番の訴求点って、
「倉本聰が作ったCM」
っていうことじゃないかと思うのです。
この独特の世界観を良しとして、
企業広告として採用した野口観光。
それは企業としての姿勢を示す行為であり、
ある種のブランディングとも言えます。

しかし、これ見ていると不思議な読後感があって、
ちょっとクセになる気もするんですよね。
印象は間違いなく強い。
倉本聰さんは通常のCMのあり方を踏まえた上で、
それとは明らかに違う表現となることを
確信犯的に設計して作ったのでしょうか。
気になるところです。

ちなみに、倉本聰ドラマといえば、
やっぱり「北の国から」でしょうね。
と言いながら、私は未見です。
周りから
「おまえ、見てないのマズいんじゃない?」
とよく言われます。
や、かたくなに見ないのには、理由があるんです。
新入社員時代に、嫌いな先輩がいました。
その人と昼ごはんを食べている時に、
「お前、広告制作志望なのに
『北の国から』を見てないなんて、
ヤバいんじゃない?いや、ヤバいよ」
って、箸を向けられながら、
すごい上から目線で言われたことがあったのです。
まあ、先輩ですから、上から目線ってのは当たり前ですが。
その言い方がすごい嫌で、
「意地でも見るか!」と東井青年は心に誓ったのでした。

でも、見たら間違いなく良いんだろうなぁ…。
しばらくしてから、若者に
「え、君『北の国から』見てないの?
広告制作者としてヤバくない?」
とドヤ顔で言っている私を見かけたら、
時代は巡るってことで、
そっとしておいてください。

(執筆者:東井 崇)
執筆者:東井 崇
1977年富山県生まれ。岐阜県出身。札幌在住。
リクルートメディアコミュニケーションズ、電通北海道を経て、
2012年に独立。現在はフリーでコピーライターをやっています。
なんだかんだで広告が好きなようです。
とはいえ、地方なので、広告に限らず仕事の守備範囲は広め。
人生で初めて飼った猫を溺愛する日々です。
www.takashitoi.com

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る