ウェブマガジン CM Funコラム

蛮勇のCM。

近藤あゆみ

「これ、よくクライアントからOK出たなあ…」 
一度でもCMをつくる側になったことのある人なら、
TVを観ていて一度はつぶやいたことのあるひとこと。

会議でCM案を出し合った時にとんがった案がウケたとしても、
クライアントにプレゼンをした時に同じ反応があることはあんまり、ない。
当たり前だけどクライアントは自社のイメージをそこなうリスクの少ない、
保守的な方向に舵を切る方を選びがちだから。

だから放映されるCMの中にとんがったもの、振り切ったものを観ると、
これにGOサインが出るまでにどんなプレゼンや説得、
交渉があったのかな…と気になってしまう。

振り切り方には「結果的に何か格好いいぜ!」って思うものと、
「これ…いいのか?」と心配になってしまうものの2つがある。
最近目にしたCMの中で後者のもの(笑)をピックアップしてみた。


ライジンTVCM 「集団行動TOP」篇

大正製薬 ライジンTVCM 「集団行動TOP」篇 15秒 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「RAIZIN CM」で検索すると
続く予想検索ワードに「怖い」と出てくることで有名なこれ。
一見生身の人間のようでよく見るとそうじゃない針金のような
CGスーツマンたちの一糸乱れぬ集団行動。
複雑に絡み合うように見えて決して誰もぶつかることなく動いている。

こ、怖い。 
日差しがさんさんと照るスクランブル交差点なのに
全く生気が感じられなくて怖い。 
見た目の不気味さだけじゃない。これエナジードリンクのCMなんすよ?
まるで「ライジン飲んだらロボットみたいに働けます」っていう
メッセージみたいに見えるのは私だけかな…。

調べてみると、この「集団行動」という言葉は
固有名詞的として使われているのが分かった。
日本体育大学有志によって毎年行われている団体演技を
「集団行動」というのだ。
「集団行動 日体大」で検索してみて下さい。
まさにこのCMと同じ動きだから。
大勢がすれ違っても誰もぶつからない。これはすごい!
こちらは生身の大学生たちによるものなので不気味さは全くない。
それどころかクールな演技の中にすごい熱量があって
「うおおおーー見てて気持ちいいーーすごいーー!!」と拍手してしまう。

「だったらライジンのCMも生身の人間でやればよかったのでは?」と
当然の疑問がわいてくるが、そこはきっと何かの事情でCGになったのだろう。
やりたかったのは日体大の方向だったんだろうな…もったいないな。

次はこちら。
MARO 公式CM「もてもてマーロ シート」篇(15秒)

ネイチャーラボ MARO 公式CM「もてもてマーロ シート」篇(15秒) (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
MARO 公式CM「もてもてマーロ シャンプー」篇(15秒)

MARO 公式CM「もてもてマーロ シャンプー」篇(15秒) (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
このマーロのシリーズは初登場の時からずっと山田孝之さんを起用。
そのせいかどのCMも濃い仕上がりなのだけどこれは一番すごいと思う。

汗をたくさんかく夏に向けての汗ふきシート&シャンプーのCMなのに、
爽やかさはゼロどころかマイナスのゴテゴテぶり(笑)
カツ丼にチーズとトマトソースかけて背脂マシマシにしたみたいな絵面。
個人的にはすごく好きな雰囲気なんだけど、これによくOKが出たなと。

男性用シャンプーや制汗剤のCMは、とにかく
「ニオッたりムレたりしてるとモテないぞ!」からの
「使ったらこんなに爽やかになってモテました」のパターンが多いので、
ビフォアはもちろんのこと、アフターも全然変わってないどころか
より濃さが増して一般ウケから遠く離れてる男たちの振り切れがすごい。 
「これで購買意欲がわくのかな…?」と心配になっちゃうけど、
ブランドのトーンは終始一貫してるので妙に好感が持ててしまう。 
「いいよいいよ、いろんなタイプの男子がいていいし、
みんな好きな格好と髪型をすればいいんだ。
福士蒼汰くんあたりでキレイにまとめるよりいいよ」
などと思ったりもしてしまう。

ちなみにこのCM曲はその名も「モテモテ♡マーロ」といって(そのまんま)、
「山田孝之 with MARO Boyz」のフルバージョンMVもあるのだ。
これはひとえに山田孝之という俳優の魅力に尽きると思います。


【蛮勇 ばんゆう】 
理非を考えず、むやみやたらに発揮する勇気。向こう見ずの勇気。

そもそもあまり肯定的な言葉ではないのだけど、
私は「蛮勇」という言葉が好きだ。 
誰かに悪意をぶつけたり誰かを傷つけたりするのでなければ、
時に勢いで振り切ったものを作ってもいいんじゃないかと思う。
「こうなったらきっとこう思われて…うん、やめとこう」という
「忖度」がやたらとはびこっている世の中だから、
「えええ…よくこれが通ったな」「すごいとんがったな」というCMが、
もうちょっとあってもいいんじゃないかな。

ライジンのは、何度観ても怖いけどね…(笑)
執筆者:近藤あゆみ
博報堂コピーライターからなぜかダンサーに転身。その後
(株)ネットプライス創業時からライター&クリエイティブディ
レクターとしてEコマ―スに携わる。日本初の共同購入「ギャ
ザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。
「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを15年以上
書き続け、一部にコアなファンを持つ。現在はフリーでライ
ティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る