ウェブマガジン CM Funコラム

あの商品にも、きっと合う。
控えめな七味界のスター。

林きょうこ

食欲をそそる料理や食べ物の画像をwebにアップし、
見る者を空腹感で悶えさせるテロ行為、“飯テロ”。
ここ数年、よく使われるようになったコトバ…。

それは、SNSだけでなくTVにおいても頻繁に行われています。
深夜、なんとな~くCMウォッチをしていると…。

クックドゥの麻婆豆腐によだれをたらし、
味の素のチャーハン・シューマイでこころが折れ、
永谷園のお茶漬けぐらいなら、きっと食べても大丈夫、と食欲に負けてしまう…。
それにラーメン全般は、もはや神。
あれば、ズルイ。ズルすぎる。

この時間はキケンすぎると思えば思うほど、おなかが空くわけで。
結局、貯蔵庫にストックしていた食べものについ手を出し、自爆。
こうして意志の弱い私は、ワガママボディへ…。
テロの破壊力、恐るべし!

それにしても、ほんとうに美味しそうCMってたくさんありますよね。
もちろん主役が、食べものだから、
美味しそうなものを、より美味しそうに食べる。
美味しそうなものを、より美味しそうに映す。
そりゃ、“飯テロ”CMになってしまうというものです。

私は、キューピーのCMが大好きなんですけど、
あれもやっぱり“飯テロ”。
だって、春菊が、レタスが、やたらカッコよく美味しそうに見えて、
料理をしない私が、料理しちゃうんですもん。
よく考えたら、商品は調味料なのに。
むしろ、調味料のクセに主役っぽくなっています。
キューピーCMは、マヨネーズにしろドレッシングにしろ、パスタの素にしろ、
何かにかけるもの以上の魅力を高い映像クオリティで表現。

それと真逆な調味料CMを発見しました!

八幡屋礒五郎TVCM「あの商品にも、きっと合う・オフィス篇」 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
こちら、日本三大七味のひとつ、八幡屋磯五郎さん。
長野では、とってもポピュラーな七味です。

このCM、誰もが知っている商品を出すことで、勝手に想像させてしまう。
常日頃、カップ麺のCMって、見ているじゃないですか。
だから、「あの商品」というコトバで、きっとアタマのなかに、美味しい映像が。
上手に“飯テロ”に乗っかっているというか、利用しているというか…。
まさに、ウマイ!CMですよね。

八幡屋礒五郎TVCM「あの商品にも、きっと合う・家庭篇」 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
鍋に七味。食べたくなります。

この八幡屋磯後藤さん、やたら控えめなんですよ。

七味唐からし 八幡屋礒五郎TVCM「おいしいのはお蕎麦篇・Aタイプ」 15秒 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
「おいしいのは、お蕎麦です。」って。
やっぱり控えめ。
だから、「毎日使ってください」なんて厚かましいこと言わないんですよ。

八幡屋礒五郎TVCM「使われない日もある・冷蔵庫篇」 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
280年という歴史の長い老舗だというのに、とにかく控えめ。
調味料は主役ではなく、あくまで脇役というスタンスです。
そのブレない姿勢が、とっても潔い。
応援したくなります。
ほら、よくある商品バーンでドーンみたいなCM。(関西風ですみません)
やたら美味しいと自画自賛するものに比べたら、
こういう訴求の仕方って、本来の日本人らしさというか…。
奥ゆかしさに、胸キュン。

自己主張ばっかりしていることを反省させられました(笑)。

今日の夜食は、お蕎麦に決定。
たっぷり七味、かけてやる!!
ちなみに、ひとは、夜中、理性を失うのだとか…。
あ~あ、“飯テロ”おそるべし!
執筆者:林きょうこ
1981年神奈川生まれ、大阪在住歴なんと15年目。
すっかり関西化している岡田直也事務所のコピーライターです。
ただいま、おひとりさま生活謳歌中、独身子なしの30代。
絶賛花ムコ募集中!将来、宝くじを当てることを夢見ながらも
CMFun編集長・岡田のもと、笑いのたえない明るい職場で、
楽しみながら、日々仕事に精進しています。
オモシロCMやステキなCM、たっぷりお届けてしてまいります。

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る