ウェブマガジン CM Funコラム

バイト探しのCM雑感。

近藤あゆみ

今の若者からしたらきっと「は??」ってなると思うけど、
その昔、バイトは「求人誌」と呼ばれる雑誌で探していた。
もちろん、インターネットというものがなかったからだ。
週に2回ほど刊行されるその雑誌をコンビニなどで買い、
パラパラとめくりながらめぼしいものに○をつけていく。
そこだけページを追ったり、破ったりしたのも懐かしい。
その頃、若者の間で二大勢力(?)を誇っていた雑誌が
「フロムエー」と「an」だった。(今もネットで健在ですね) 
両者はわりと頻繁にリニューアルを行い、
CMもとんがったものをどんどん流していた。
火曜日と金曜日に刊行されるから、
火星人と金星人が歌い踊ってたりしたな…フロムエー。
(今は「パン田一郎くん」ですね)
バイト雑誌のCMのクリエイティブは、華々しかった記憶がある。 
今はすっかりネットでバイトを探す時代になったけど、
さてCMはどんな感じだろう。
【タウンワーク公式】新CM「予備校講師篇」

リクルート 【タウンワーク公式】藤田ニコルが優等生に?!松本人志・藤田ニコル出演 新CM「予備校講師篇」 15秒

HA
面白い!
好き!
感動!
「バイト」というワードで一番最初に思い浮かぶのがこれ。
シリーズでかなりのバリエーションがあり、その都度松ちゃんが
「バイトするならタウンワーク!」と連呼するがゆえの刷り込みだ。
私じつはこのシリーズが嫌いじゃない。
まるで某JRのスキーCMかのような作りにしたり、
某スタバでよく聞くスタッフ内の独特の言い回しをパロッたり、
毎回手を替え品を替え
「若者がいる場所にありがちなシチュエーション」の中に
「バイトするならタウンワーク!」を紛れ込ませてるのが面白い。 
今回は某東進ハイスクールCMで見るような人気塾講師。
観ている人が「あーあれね」と既視感のあるシーンを切り取るのが上手い。
あと、元作り手としては「これ、つくってる人たちが
毎回案出し楽しんでるんだろうな…」ていうのが何となく伝わるのだ。


執筆時点から今の間でYouTubeからは削除されてしまったが、マイナビのCMも取り上げようと思っていたので一応書いておく。
「好きを、バイトに。」マイナビバイトTVCM 15秒type 特技編

こちらは少し前のもので、現在は有村架純さんが
バイトで働く若者をカメラ片手に訪問するCMになってる。 
マイナビはタウンワークとは違い、名前連呼ではなく
働くよろこびを描いて「バイトって、いいよね」「やりがいがあるよね」
という落とし込みをしている。
その中でこの「特技篇」は確かに観ていて
「おお…すごい…!」「アルバイトでもこうなれるんだ」という
わくわく感とプロフェッショナリズムを感じるのがいい。

続いて、乃木坂46出演!バイトル「かわいい制服」篇

乃木坂46出演!バイトル「かわいい制服」篇 (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!
バイトルは乃木坂の前はAKB。毎回アイドルで惹きつけるスタイル。
ただ、今回のもそうなんだけどいつ観ても「バイト世代」であるはずの
彼女たちの言葉に全然実感がこもってなくて、バイト感ゼロなんだよな…。
「この人たちバイトしたことないんじゃ…」って思っちゃう。 
いや、そこを見るものじゃないのは知ってるんですけどね。

インディード:仕事さがしにサーチあれ。バイト篇

インディード:仕事さがしにサーチあれ。バイト篇 (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!
そしていちばん最近出てきたのがこれ。 
こちらも「タウンワーク」同様、名前連呼で覚えてもらおう型。
それが主目的だからなのか、そもそもバイト世代じゃない斉藤工の起用
(仕事探しver.もあるのでそちらに年齢を合わせたんだろうな)だし、
シチュエーションもまるきり現実感がない。
そうだよね、雑誌じゃなくサイト(アプリ)だから、
それぞれにものすごい個性があるわけじゃなく、
「ウチはこういう特色のあるサイトです!」と機能を謳う必要がない。
だから、名前連呼型になったりするのだろうな。
ちなみにanによるアンケート(2016年)を見ると、
「やってみたいアルバイト」の1位は2年連続でスターバックス、
「就活に役立つと思うアルバイト」の1位は東京ディズニーランド、
2位がスタバだそうで。スタバブランドの圧倒的な強さ…! 
バイト雑誌をめくっていた私の世代には
存在すらしていなかったバイト先であることよ。
この先10年経ったらまた、バイト探しもそのCMも、
ものすごく変わっているのかもしれないな。
執筆者:近藤あゆみ
博報堂コピーライターからなぜかダンサーに転身。その後
(株)ネットプライス創業時からライター&クリエイティブディ
レクターとしてEコマ―スに携わる。日本初の共同購入「ギャ
ザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。
「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを15年以上
書き続け、一部にコアなファンを持つ。現在はフリーでライ
ティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る