ウェブマガジン CM Funコラム

【ジャンプがスマホに!?】思わずニヤリと笑ってしまうジャンプ+のCM集!

週刊少年ジャンプ。そんな週刊少年ジャンプが、電子コミック業界に電撃参入!!その名も「週刊少年ジャンプ+」。CMでは、「電子コミックになるとどうなるの!?」といった疑問を、テンポ良くユニークに紹介しています。また、週刊少年ジャンプの「あの」2大看板漫画の、「わかる人にはわかるネタ」を散りばめた面白CMもあるので、ぜひご覧ください。

ルミックスGH4で撮影した「綾瀬はるかさん」CM動画【パナソニック公式】 30秒 (詳細)

HA
面白い!
好き!
感動!
そう、実はこれ、商品である「ルミックスGH4」というカメラで撮影されたCMだったのです。最初に「Shooting by GH4」という文字があったものの、まさかこんなに小さい市販のカメラであったとは衝撃でした・・・

画質や映像美で勝負するカメラのCMとしては、もはや究極の境地に達したCMだと思います。一般的なカメラのCMといえば、景色や映像美を題材として取り扱い、そのカメラに良いイメージをつけるものが多いのですが、綺麗な景色を綺麗な映像で見せ、最後の最後に「このコマーシャルは、全てこのカメラで撮影しました。」の一言。思わず、「本当に!?」と、もう一度CMを見返してしまいます。「TVコマーシャルを撮影できるほど、画質が綺麗なカメラ」というテーマの説得力やインパクトは計り知れませんね。

  • 広告主
    • 集英社
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ジャンプ+ ①
今までは紙が当たり前だった週刊少年ジャンプが、アプリになった衝撃をあの手この手で伝えているCMです。
2015年3月現在、194巻まで発売されている、ジャンプの超長寿漫画、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」もアプリ版なら全巻持ち歩けるというのは、非常にインパクトのあるポイントですよね。また、それに加えて「暗闇の中でも読める」ことや、「アプリ版のみ連載している漫画がある」というメリットをテンポ良くユニークに紹介しています。

  • 広告主
    • 集英社
  • サービス
  • ビュアー
    • 0
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ジャンプ+ ②
こちらはドラゴンボール篇。「ドラゴンボール」は、1984年から1995年まで連載されていた、鳥山明先生の代表作。全世界累計2億3000万部もの売り上げを誇る、日本を代表する漫画の一つです。
このCMの中には、敵モンスターを爆殺した時に、ベジータが放った名言、「きたねえ花火だな」や、ドラゴンボール内の合体技の「フュージョン」など、わかる人にはわかるネタが散りばめられていて、ドラゴンボールファンのツボを間違いなく抑えるCMになっています。

少年ジャンプ+ ジャンプの漫画が無料で読めるマンガ雑誌アプリ ③ (詳細)

  • 広告主
  • サービス
  • ビュアー
    • 179,769
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
ジャンプ+ ③
こちらもジャンプを代表する看板漫画、「ワンピース」をネタにしたCMになっています。ドラゴンボール篇同様、このCMもワンピースファンなら思わずニヤリと笑ってしまう小ネタが散りばめられています。
中でも、「クソお世話になりました!」という名セリフの場面では、構図もそのまま漫画版ワンピースと同じになっているほどの凝りようです。

タブレットやスマートフォンの普及によって、ますます存在感を高めている電子書籍。なんと、その8割を占めているのがコミック分野です。様々な漫画雑誌アプリがリリースされ、電子書籍分野の中でも一際大きな盛り上がりを見せている電子コミック市場。1968年に創刊された日本最大の売り上げを誇る「漫画の王者」、週刊少年ジャンプは、そのような時代の流れに柔軟に対応して、電子版のジャンプ+の配信を開始しました。クオリティはそのまま、電子ならではのメリットが非常にたくさんあるので、ぜひ皆さんも「ジャンプ+」を一度DLしてみることをオススメします!!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る