ウェブマガジン CM Funコラム

異常すぎるぞ、美白の国、日本。

山本貴代

こう陽射しの強い日が続くと、美白について考えます。

少しは、ケアをしないとシミになるなぁ。

 

とある調査では、日本の7割以上の女性が、なんらかの美白をしているとレポートしていました。

理想の美白肌は綾瀬はるかさんだとか。たしかに。

 

本来、小麦色の肌派の私も、昔焼いてしまったシミ群がじわじわこのところ浮上してきているので、美白対策をせざるをえない状態です。

いまさら、綾瀬さんのような、「白魚のように透き通った肌を手に入れたい」

とは思わないけれど、(無理だけれど)、シミは気になります。

小さなシミでも気になって、コンシーラーで消しています。

 

しかし、こんなに美白美白と騒いでいるのは、日本だけなのではないかと思うほど、

コマーシャルもあっちからこっちから、美白をうたいます。あっ、きっと韓国もそうですね。

 

この夏は特に、エステのレーザーシミとりや美白注射にはじまって、様々な業界が美白商法で攻めてくるように感じます。

なにがあるかといえば、美白化粧品色々、美白パック、飲む日焼け止めサプリに、UVカット日傘、

ガッチャマンみたいなサンバイザー、UVカットフェイスカバー、衣類の紫外線カットスプレー、

紫外線防止アームカバー、シミを消すしみ消しクリームなどなど。

 

ちょっと異常ですね。

あなたは、このうちのいくつを試みていますか。

5つ以上あったらあなたは立派な美白(願望)女子。と私は、5つありました。

 

欧米では焼けた肌がリッチな印。

陽があまり照らない国もあるので、日焼けしているとバカンスに出かけてきたリッチな人にみられるとか。

日本の美白意識を影で笑っているでしょうか。

 

でも、日本以外のアジアの亜女子もどうやら、白い肌に憧れがあるようで、暑い国ほど、美白に熱心です。

 

ということで、美白関係のCMを探してみました。

アスタリフトホワイト「美白よろこびの舞」篇/富士フイルム

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!

黒いワンピースを脱ぐと白になり、また1枚脱ぐと、赤になる。

赤は富士フィルムのカラーでもあり、アスタキサンチンの赤でもあります。

手に、ピュッと出すアスタリフトが赤なのも、印象的ですね。

言葉はないけれど、この化粧品使ったら、白くなれるかな、と思ってしまう。


アスタキサンチンは、自然界で最強の抗酸化物質といわれていて、

この商品の類似品はたくさん出ているようですね。

ELIXIR「塗って寝るジェルパック・美白あり」篇 15秒|資生堂 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!

これは、スリーピングジェルパックというもの。塗って寝るパックとは珍しいと思ったら、最後に「美白も登場」と。

そりゃあ、美白のほうに手が伸びるでしょうね。翌朝、つや玉ぷるんになりたいものです。

ケシミンクリーム − TVCM − 「ユーザー生声」篇

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!

最後は、ケシミン。

この商品が出てきたときには、かなりびっくりしました。消しゴムみたいだなと。

でも、よくよく見ていると、この商品は、シミを消すのではなく防ぐものだと言っている。

確かに、CMに出ている女優さんのシミはぬった後も消えていません!!その映像にびっくりしました。


この美白業界を一番に支えているのは、おそらくシミの出やすいおば様たちです。

でもいきすぎるとちょっと怖い。

美白もほどほどに。


ガッチャマンみたいなサンバイザー被って自転車に乗っているおばさんにはなりたくないので、

日焼けサプリを密かに買った山本でした。

執筆者:山本貴代
女性生活アナリスト・「女の欲望ラボ」代表。専門分野は女性
の欲望・心理・行動研究 。アジア9カ国の女性もネットワーク
し、活動領域を広げている。仕事内容は執筆、講演、コンサル、
コピー書き、新商品開発など。連載:プレジデントオンライン、
東洋経済オンライン、カンパサール、エキシューマー等。
著書:女子と出産(日本経済新聞出版社)、晩嬢という生き方
(プレジデント)他多数。座右の銘:人生万事塞翁が馬。

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る