ウェブマガジン CM Funコラム

【21世紀、それは大検索時代】Googleの検索で2014年を振り返ってみよう!

毎日数え切れないほどの数の検索が世界中で行われている現代。その検索から、今までは曖昧だったいろいろなことが見えるようになりました。世界最大の検索エンジンであるGoogleは毎年、どのような言葉が多く検索されたかを集計し、年末に1年を振り返るCMを発表しています。さて、2014年は一体どのような年だったのでしょうか。いろいろなことを思い出すことができるCMになっているので、ぜひご覧ください。

Google - Year in Search: 検索で振り返る 2014 (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • グーグル
  • ビュアー
    • 4,041,766
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
検索で振り返る2014

2014年は様々なスポーツイベントが開催された年でもありました。2月にはソチオリンピック、6月にはブラジルでFIFA ワールドカップが行われました。
2014年を語る上で、錦織圭選手の大躍進を語らないわけにはいきません。世界四大大会(グランドスラム)の一つと言われる全米オープンの決勝に、男子アジア人では初の出場。惜しくも優勝は逃してしまいましたが、その勢いは日本全体を巻き込むほどのスケールでした。

ショートプログラムでは、悔しい思いをしてしまった浅田真央選手。翌日のフリーでの完璧な演技には、曲の終了と共に日本中が感動の涙を流しました。

長野県と岐阜県の県境に位置する御嶽山の大噴火。火山災害としては戦後最悪の死者57人にまで上る大災害でした。また、世界的にはエボラ出血熱が大流行しました。世界で1万人がエボラ出血熱によって命を落とし、その倍以上の人々が感染し、大きな苦しみを味わいました。

2月に記録的な大雪が降り、中央高速道路で多くの車が立ち往生してしまったときは、製パン業者である山崎パンが、トラックに積んである自社のパンを周りの人に配り、その対応が称賛の声が上がりました。

また昨年大きく話題になったのが、「アイスバケツチャレンジ」。難病患者への寄付を、集めようというキャンペーンなのですが、今までとは大きく違います。バケツに入った氷水を頭からかぶる映像をSNSに投稿し、瞬く間に世界中の人に広がったこのキャンペーン。SNSの大きな存在感を改めて感じる出来事でした。

2014年はスポーツ大会や、エボラ出血熱を含めた自然災害が多かった一年で、私たちの感情が動かされることが多い1年でした。単なる検索エンジンにとどまらず、私たちに感動を与えてくれるGoogleは、これからもますます私たちの生活に身近な存在になることでしょう。
2015年の終わりには、どのような振り返りCMができているか、今から楽しみです!!!

他のコラムを見る

前後のコラム

人気のコラム

最新のコラム

コラム一覧を見る