ウェブマガジン CM Funコラム

佐々木蔵之介とゆりやん。
新たな決意、関西電力CM。
power with heartとエコキュート

林きょうこ

“IHちゃうかった~ら~ ぶっちゃけもったいな~い♪”
最近、やたら流れている関西ローカルCMの一小節を、
今日も口ずさみながら仕事をしている林です。

ゆりやんの英会話教室~「IHクッキングヒーター篇(キャンペーン)」~ |関西電力 (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
こちら関西電力グループ(通称・関電さん)CM。
最近すっかりCMに引っ張りだこな
お笑い芸人・ゆりやんレトリィバアー出演!


いかにも関西らしいオチつきバージョンもあります。

ゆりやんの英会話教室~「エコキュート篇(キャンペーン)」~|関西電力 30秒 CM (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • エコキュート
  • ビュアー
    • 5,477
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
以前流れていたシリーズもリズミカルな歌に、
吉本の芸人さんを起用したCMでした。
たしか「ガスガスガスガス アスパラガス!」と
マスコットキャラクターのはぴ太くん(クマ)が歌うというもので。
おそらく多くの子どもが、マネしたことでしょう。


サービスを訴求するCMなので、安いとかいい商品ですよ、と
自画自賛するのではなく、さりげなく刷り込む方式。
実際、わたしもすっかり洗脳され、口ずさんでいるわけです(笑)。


先日のコラム、札幌の東井さんが書かれた“いま一番難しいCM”にもあるように、
正直、電力会社さんって、とても難しい状況に置かれていますよね。

今ではものすごい出稿量ですが、関電さんも例外ではなく。
震災後、有名人が出演する企業イメージを大きく打ち出したCMは、
長らく自粛していました。
福島第一原発事故で、関電さんもすべての原発を停止し、
節電を要請していたので、そりゃ自粛せざるを得ないってものです。


そして昨年4月、「電力自由化」という新しい時代の始まりに合わせ、
ブランドステートメント「power with heart」を作り、関電さんは反撃に出ました!

メッセージは、
“思いを込めて、真心を尽くして、お客さまや会社の力になりたい。
エネルギーに新たな決意をのせて。power with heart 関西電力”。

佐々木蔵之介さんがCMに登場し、
やたらと「power with heart」と連呼するので、
関西の方は、誰でも知っているコトバかと思います。
すっかり浸透し、今では蔵之介さん、
“power with heartおじさん”なんて呼ばれているわけでして(笑)。


そんなおじさんの最新CMがこちら。

「エネルギーの旅人 らんぷ」篇|関西電力 30秒 CM (詳細)

  • 広告主
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 3,900
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
やはり、関電さんも北電さん同様、
原発について触れるわけにもいかないのなので。
それは、このご時世仕方ないこと。
あくまで、人が主役、という切り口というか。
コトバは違うにせよ、“ひとがエネルギー”に近いものを感じます。


ゆりやんにせよ蔵之介さんにせよ、関電CMの出稿量、相当なものです。
見ない日がないどころか、一日に何度も見かけるくらい。
まあ、耳に残るフレーズや歌のせいかもしれないけど。


実は自粛中、、電気自由化の最大のライバルであろう大阪ガスのCMが
ガンガン流れていたんです。。
大沢たかおさん、上戸彩さん、笑い芸人ロザンを起用し、
イメージアップを図っていました。

ロザンがイメージアップ?と思う方いるかもしれないけど、
菅ちゃんは関西のおばちゃんたちのアイドル的存在なんです、なぜか。


そんな背景もあって、新しい企業イメージを蔵之介さん、
もっと身近に感じてもらえるようにゆりやんを起用したのでは、と
勝手に想像しています。
おふたりとも関西出身ですから。
縁もゆかりもない有名人より、なじみの深い有名人!
そういうところも含めて、関西人のこころを掴んでいるのではないかと。

ちなみに私は、両方ともお気に入りのCM。

余談ですが、たまたま関電さんで働く知り合いがいたので、
CMについてどう思っているか聞いてみると…。


「power with heart」というコトバ、
インナーにもしっかり響いているようです。
これまで、いろんな想いや言えないことが多い中、
自分たちにできることをするしかなかった、と。
そういうものすべてが、この一言に凝縮されているみたいです。

あれっ、そういや蔵之介さん…。
ちょっと前まで東京ガスのCMに出てなかったっけ?
ガスから電気に、蔵がえしたんですね(笑)。


執筆者:林きょうこ
1981年神奈川生まれ、大阪在住歴なんと15年目。
すっかり関西化している岡田直也事務所のコピーライターです。
ただいま、おひとりさま生活謳歌中、独身子なしの30代。
絶賛花ムコ募集中!将来、宝くじを当てることを夢見ながらも
CMFun編集長・岡田のもと、笑いのたえない明るい職場で、
楽しみながら、日々仕事に精進しています。
オモシロCMやステキなCM、たっぷりお届けてしてまいります。

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る