ウェブマガジン CM Funコラム

「健康第一」
定刻系戦士ハイパーマン!
企業と社員のいい関係

林きょうこ

昭和の昔、自らの身も家庭や家族をも顧みず
会社や上司の命令のまま、企業のために粉骨砕身で働く勤め人を、
“モーレツ社員”や“企業戦士”と呼んでいました。

モーレツ社員・企業戦士で思い出さずにいられないのが、
三共製薬の「リゲイン」のキャッチフレーズ。

“24時間戦えますか”(1989年)

モーレツ社員ががむしゃらに働き、日本の屋台骨を築いてくれたの事実。
ただ、経済や社会情勢の変化、「過労死」問題などにより、
いまでは完全に、死語となってしまいましたが。
24時間働かせたら、アウト間違いなし!


そして時代は変わって
「ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない」
(著・黒井勇人 新潮社)が出版されたのは2008年のこと。
コミック化・映画化も話題となり、
2013年には「ブラック企業」が新語・流行語大賞のトップテンに選ばれました。

ちなみに2014年、リゲインのCMでは、
“24時間働くのはしんどい。「3,4時間戦えますか」”と
時代に合わせて変化しています。


昨今、「一億総活躍社会」の実現に向けた取り組み「働き方改革」が提唱され、
企業とひとの関係性が見直されています。

ほら、転職のCMでも、多様で柔軟な働き方、
働く側の意思を重んじるものが、ほとんど。

たとえば、「条件は、今よりいい会社。以上」のDODAは、
“キャリアアップとか自己実現だけが転職じゃない”と言っています。

リアルな口コミを売りに「徹底取材でありのままの姿をお見せします」エン転職

私らしく「進もう」と背中を押すマイナビ転職

一人ひとりの転職に寄り添う「フレフレ、人生」のリクナビNEXTなど。

どの会社も、自分らしく働くこと、そして働くことだけが人生じゃない、と
メッセージしているように思うのです。


最近、ちょっとお気に入りの人材系CMがあるんです。

SANKO 「ハイパーマン 第二話予告」篇 (詳細)

  • 広告主
    • 三幸コーポレーション
  • サービス
  • ビュアー
    • 2,727
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
こちら静岡県の人材派遣会社・三幸コーポレーション。

昭和のモーレツの精神を持つ、イマドキの働き方をする定刻系ハイパーマン!

SANKO ハイパーマン「第二話 色々悩んで36協定の範囲内で残業する!」 (詳細)

  • 広告主
    • 三幸コーポレーション
  • サービス
  • ビュアー
    • 357
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
36協定をちゃんと守った(笑)。


定刻戦士ハイパーマンは、前向きに仕事をしながら、
プライベートも家族も大切に、日々がんばっているようです。

全ストーリー完全版は、こちらから。

SANKO ハイパーマン 全ストーリー完全版 (詳細)

  • 広告主
    • 三幸コーポレーション
  • サービス
  • ビュアー
    • 469
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
全シリーズに共通して出てくるキャッチフレーズ「健康第一」。
なんのひねりもないコトバですけど、
めちゃくちゃ強くないですか?
とてつもなくあたり前のことなのですが、
こういう切り口って、意外となかった気がします。

話は戻りますが、そもそも「ブラック企業」が生まれてしまうのって、
モーレツ思想が残っているからだど思うんです。

実は私も、その昔ブラック企業で働いていたのでね。
社長は、高度経済成長を支えたまさに企業戦士でして。
だから「やればやった分だけ、伸びる」、
「結果がでないのは頑張っていないから」が口グセでした。
自分がしてきたことができない私は、ダメな社員、というわけです。
だたね、今の世の中、がんばったからといって業績が伸びるわけでもないんですよね。

結局、1年ほどで体をすっかり壊して退職しましたが、
今から思うと、当時の私にもあったんです、どこかにモーレツ精神が。
サラリーマンたるもの、24時間戦えますかの根性で働くのがあたりまえって。
それは、子どもの頃に父の背中をみてそう思い込んでいたのかもしれません。

だからか、定刻系ハイパーマンがグッと響くんです。
仕事への姿勢と今の働き方。
昭和と平成のいいとこどりな気がして。

まあ、とにかく健康第一に、自分らしく働けるってステキなこと。
私も定刻系ハイパーウーマン目指してがんばります(笑)。
あっ、ウチの職場、超ホワイトなんで、すでに私は定刻系!



執筆者:林きょうこ
1981年神奈川生まれ、大阪在住歴なんと15年目。
すっかり関西化している岡田直也事務所のコピーライターです。
ただいま、おひとりさま生活謳歌中、独身子なしの30代。
絶賛花ムコ募集中!将来、宝くじを当てることを夢見ながらも
CMFun編集長・岡田のもと、笑いのたえない明るい職場で、
楽しみながら、日々仕事に精進しています。
オモシロCMやステキなCM、たっぷりお届けてしてまいります。

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る