ウェブマガジン CM Funコラム

サンタもチキンも、
クリスマス広告戦略のひとつ。
コカ・コーラとケンタッキーの策略

林きょうこ

家のベランダからサンタクロースを目撃したのは、
まだ私が可愛かった6歳の頃。
ちょうどお向かいに建つマンションの廊下を歩いていたんですよ…。
思ったよりだいぶスレンダーなサンタでしたが、
かなりテンションが上がり、友達に自慢しまくった記憶が。
この体験のおかげで、その後4年くらいは、サンタの存在を信じることができました。
ピザ屋のにいちゃん、ありがとう(笑)。

さて、もうすでに街はクリスマス一色。
少し気が早いですが、せっかくなのでCM集めてみました。

まずは、クリスマスといったらコカ・コーラ。

Esta navidad, da las gracias con Coca-Cola (詳細)

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
サンタといば、赤と白。
このイメージ、実はコカ・コーラによって作られたものなのだとか。

なんと初代サンタクロース広告を出したのは、1931年のこと。
画家ハッドン・サンドプロムが書いた、
全身赤色の服に白いあごひげの陽気なサンタさん。
それが、世界中へと広まっていった。

以前は、各国各地でいろんな色のサンタがいたそうです。
青や緑、紫、黒など…。
また、老人の小人、妖精、恐ろしげな小鬼だったりと、
さまざまな姿で描かれてました。
まあ、伝説上の人物ですからね。
あっ、ちなみに日本では、1931年より前に、
赤と白のサンタさんが出てくる文献が残っているそうですけど。

ただ、サンタが赤と白というイメージが万国共通になったのは、
コカ・コーラの存在なしには語れないこと。

広告のチカラ、恐るべしです。


つづいて、クリスマスCMでおなじみのイギリスの大手デパートJohn Lewis。



John Lewis Christmas Ad 2017 - #MozTheMonster (詳細)

  • 広告主
    • John Lewis
  • サービス
  • ビュアー
    • 9,389,814
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
チカラ入れてますよね。

毎年、クリスマスCM合戦の常連M&Sは、パディントンの実写CG。

M&S Christmas TV Ad 2017 | Paddington & The Christmas Visitor #LoveTheBear (詳細)

  • 広告主
    • M&S
  • サービス
  • ビュアー
    • 6,648,372
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
クオリティ高すぎて、くまのぬいぐるみ、こ、こわい(笑)。


次は、今年のものではないですが、私のお気に入りを。
日本でこんなウソついたら、針千本飲まされそうです。

EDEKA Weihnachtsclip - #heimkommen (詳細)

  • 広告主
    • EDEKA
  • サービス
    • 企業CM
  • ビュアー
    • 58,771,245
0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
おじいちゃん、エイプリルフールじゃありません!!
ただ、みんな揃ってお祝いできたので、めでたしめでたしですね。

そういや海外のクリスマスCMって、家族ありきですよね。
ほら、昔のJR東海クリスマス・エキスプレスの
“恋人がサンタクロース”路線って、なかなか見かけない。
文化の違いですね。

お祝いの仕方とか、ぜんぜん違いますもんね。
たとえばアメリカでは、七面鳥を食べるけど、
日本人にとってのクリスマスのご馳走といえば、チキン(鶏)ですよね?
もちろんローストビーフ派もいるけど。

もしや、このチキンもどっかの会社の策略か?と思い調べてみると…。
あの、ケンタッキーフライドチキンじゃないですか!

ケンタッキーフライドチキン パーティバーレル ケンタッキーのTVCM 「最高のクリスマス(迎えにいこう)」篇|KFC 15秒

0|0|0
HA
面白い!
好き!
感動!
クリスマス=特別な日。
欧米風のオシャレな食事。
子どもを喜ばせる日、ということで、
1970年代に「クリスマスには、ケンタッキー」とキャンペーンをしたそうです。

やっぱり広告のチカラ、偉大ですよ。
現在の私たちにとっての常識って、
けっこう広告によって作られたものが多かったりします。

古くは、土用の丑の日に鰻を食べる文化。
これ、平賀源内さんが、
鰻屋の店先に「土用の丑の日」と書いた紙を貼ったらことから、
じわじわと広がっていったとか。
バレンタインにチョコレートをあげる習慣は、モロゾフが仕掛けたこと。
婚約指輪の相場が未だに給料の3ヶ月分なのは、デビアス社のCM効果などなど…。

すっかり定着し、あたり前になっているけれど、
ぜんぶ商品をたくさん売るための戦略だったんですよね。

最近では、ハーフバースデー(成人の半分、10歳のお祝い)を
写真館が押しているようです。
そりゃ、孫のため、子どものためなら、
写真を撮るためお金を出すでしょうよ(笑)。

赤と白のサンタさんは、コカ・コーラの策略。
ごちそうのチキンは、ケンタッキーの策略。
こんなふうに思ってしまうと、夢も希望もなくなってしまいます(笑)。

ここは開き直って、企業の戦略に乗っかって
クリスマスを楽しんだほうが、人生ゆたかになるってものですね。
執筆者:林きょうこ
1981年神奈川生まれ、大阪在住歴なんと15年目。
すっかり関西化している岡田直也事務所のコピーライターです。
ただいま、おひとりさま生活謳歌中、独身子なしの30代。
絶賛花ムコ募集中!将来、宝くじを当てることを夢見ながらも
CMFun編集長・岡田のもと、笑いのたえない明るい職場で、
楽しみながら、日々仕事に精進しています。
オモシロCMやステキなCM、たっぷりお届けてしてまいります。

他のコラムを見る

前後のコラム

関連記事

人気の記事

新着記事

コラム一覧を見る