CM Fun ピックアップCM

不快な麺のすすり音を解決!?日清がネタっぽい新機軸フォーク”音彦”を割とガチで開発。

麺をすする際に誰もが自然に発してしまうズルズル音。

日本ではあまりに当たり前で気付きませんが、

海外の人々からすれば不快な音に聞こえてしまいます。


これを解決するために日清が新機軸フォーク

”音彦”なる物を開発したらしいのですが・・・


PVを御覧ください。

【音彦PV】麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク「音彦」

”PRODUCT X(プロダクト ペケ)” 

※プロジェクト エックス ではないです。

日本人グループと外国人グループと思しき人達が、

和やかに挨拶を交わします。

そしてその目の前には

カップヌードルがスタンバイ。

カップヌードルを双方が食べ始めますが・・・

”ズルズルズルっ”というあの音に

思わず箸(フォーク?)を止める海外の皆さん。

「ヌードルハラスメント」 

”麺をすすって美味しく食べたい人と、 

麺すすり音を不快に感じる人との間に生まれる軋轢。”

そんなハラスメントも有るんですね・・・

双方の言い分を主張し合います。

日本「すする方が美味しいし変えるつもりもない」

海外「すする意味がわからないし不快」

そして開発されたのが音彦。

麺すすり音に反応してアプリからすすり音を打ち消す音が出る、と・・・。

持っている姿はアレな音彦を持って麺をすすると・・・

爽快な音に変換!

国際問題も解決!これでいいのだ!

東京オリンピックに向けてますます海外旅行者が増えて行く近年、

些細な事と言えど麺すすり音問題に真面目に取り組んだ

日清はさすがグローバル企業(そしてネタ発信企業)と言えますね。


この音彦、事前予約で12月15日までに5000個の注文があった場合に発売されます。

お値段15,000円はただのフォークとしては激高ですが、

国際問題解決ツール(そして話題のネタ)としては相応の価値があるかもしれません。

他のピックアップCMを見る

前後のピックアップCM

関連記事

人気の記事

新着記事

ピックアップCM一覧を見る