CM Fun ピックアップCM

au未来研究所×大林組の考える災害対策。見たことある映像制作は「少し楽しくなる動画」のgroovisions!

KDDIのau未来研究所では
様々なイノベーションを研究している組織。
そのプロジェクトの1つが、
建築会社の大林組とタッグを組んだ
未来の災害対策。

その未来の暮らしを映像にした
PVが公開されているのですが・・・
俯瞰の構図に、
パステル調の色、
動きがやけにリアルな人たち・・・と
どこかで見たこと有る映像だと思ったら、
その昔ニコニコ動画で流行った「少し楽しくなる動画」を作った
groovisionsがこの映像も制作していました。

groovisionsはイオンモールのCMやPVも制作していましたので、
似た映像をイオンで見た事がある人も多いかもしれません。

では、映像をご覧ください。

【au未来研究所】5Gのある未来の暮らし (詳細)

”大林組とKDDIが描く未来”

”災害支援をすこしでもはやく、安全に。”

平和な街に異変が・・・

”いち早く災害現場に駆けつけたい。しかし自然がその行く手を阻み、二次災害が発生する危険性も。”

”5Gが実現する、未来の災害支援。”

”災害が発生するとドローンによって被災状況を把握。”

”撮影された映像によって被災マップが制作されます。”

”被災マップを元に無人ロボットが現場へ

リアルタイムでの4K映像中継によって無人ロボットの操作を行い

初動対応を速やかに実現します。”

”人が入り込めない危険なエリアでは

その場に居るかのような感覚で

無人ロボットを遠隔操作し

人の行く手を阻む瓦礫を撤去”

”5Gによって迅速かつ安全な復旧活動が

可能になります”

”ロボットや重機、復旧支援に関わる多くの人、

そして被災地域の人達”

”5Gが繋ぐことで災害支援を少しでも早く安全に”

BE THE NEW

あたらしい日々を。au5Gと。

災害現場のような人が入れない場所での活動は、

最もロボットが活躍できる場面の一つでしょう。

是非実現させて欲しい技術です。


真面目な題材も綺麗にまとめた

groovisions映像もやはり良かったですね。

(groovisionsお得意の大量の人が出てくる場面が

最後に少しだけだったので

ちょっと残念だったかな・・・?)

人気の記事

新着記事

ピックアップCM一覧を見る